このページの先頭です
スマートフォンページはこちら
ここから本文です
節電のお願い

日頃より節電にご協力いただき、厚くお礼申し上げます。お客さまにおかれましては、引き続き無理のない範囲での節電にご協力いただきますようお願いいたします。

節電をお願いしたい期間・時間帯
2014年7月1日(火)~9月30日(火) 平日9時~20時
※お盆期間(8月13日~15日)を除く

詳しくはこちらをご覧ください

  • ご家庭向けの節電方法
  • 事業者さま向けの節電方法
  • 需給ひっ迫のお知らせメール
  • Web料金お知らせサービス 節電効果を確認できます
  • アンペアチェック ご家庭の契約アンペアを簡単に診断できます

電力需給状況のお知らせ

別のウィンドウで開くでんき予報


電気料金の値上げの検討について

当社は泊発電所の長期停止に伴い赤字構造が続いており、経営安定化を図り電力の安定供給を維持するためには、収支および資本両面からの対策が必要となっております。
収支対策として、平成26年度は、370億円程度の経営効率化に加え修繕工事の繰り延べなどにより210億円程度のコスト削減を計画しております。資本対策としては、渇水準備引当金の取崩しにより当期純損益が193億円改善されます。また、500億円の優先株式を発行することといたしました。
しかしながら、燃料費等が大幅に増加した状況が続いている限り、赤字構造の抜本的な解消に向けて電気料金の再値上げが必要と考えております。
電気料金の値上げを検討する上では泊発電所の発電再開時期の想定が重要ですが、現時点では、具体的な発電再開時期の想定は難しい状況となっております。引続き発電再開時期を見極めていくとともに、今後もあらゆる収支対策等の努力を継続してまいりますが、夏頃までに泊発電所の具体的な発電再開時期について見通しが得られない場合には、大幅な発電再開の遅れは避けらないことから、再値上げの申請について最終的な判断を行わざるを得ないと考えております。
昨年の値上げに続き大変心苦しい限りですが、何卒、当社の置かれた窮状についてご理解を賜りますようお願い申し上げます。

泊発電所における安全対策の取り組みについて
当社は、これまで実施してきた安全対策や新たな規制基準への適合に満足することなく、自らが不断の努力を重ね、泊発電所の安全性をより一層向上させるとともに、道民の皆さまに一層のご理解をいただけるよう取り組んでまいります。

詳しくはこちらをご覧ください

  • 福島第一原子力発電所事故への対応
  • ストレステスト
  • 新規制基準への適合に向けた取り組み
  • 泊発電所の安全対策ビデオクリップ集

ピックアップ

  • 別のウィンドウで開くでんき予報
  • Web料金お知らせサービス
  • 別のウィンドウで開くほくでん停電情報サービス
  • お近くのほくでん一覧
  • 北のあかりを守る
  • 経営効率化等への取り組みについて
  • 需給ひっ迫のお知らせメール
  • アンペアチェック
  • 電気料金シミュレーション
  • インターネット電気のお引越し受付
  • 「ほくでん」の名をかたる不審者にご注意ください
  • 電気の節約川柳
新着情報 RSS2.0