ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

再生可能エネルギー

ほくでんの電気の25%は再生可能エネルギー※です。※FIT制度によってほくでんが買取りした電気を含みます。

ほくでんはどんな取り組みをしてるの?

再エネの課題って?

当社は、再生可能エネルギーの導入拡大に積極的に取り組んでいます。
2018年度に当社が小売供給した電力量(kWh)に占める再生可能エネルギーの割合は25%程度で、これは2030年度の国の目標である22~24%程度を上回っています。

FIT制度によって当社が買取した電気を含みます。

【当社の電力量(kWh)の構成】

当社の電力量(kWh)の構成

  • 自社電源の送電電力量と他社購入分の受電電力量の合計です(離島分を含みません)。
  • 「再エネ(FIT電気)」とは、FIT制度によって当社が買い取りした電気のことをいいます。

    再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定価格で買い取る国の制度

  • 「水力(3万kW以上)」には揚水分を含めていません。また、他社購入分の水力のうち水力(3万kW以上)と水力(3万kW未満)の内訳が不明なものを含めています。
  • 「FIT電気以外の再エネ」には水力(3万kW未満)・太陽光・風力・バイオマス・地熱を含みます。
  • 「卸電力取引所・その他」には、卸電力取引所からの調達分のほか、揚水分・廃棄物および他社から調達している電気の一部で電源区分が特定できないものを含みます。なお、卸電力取引所からの調達分には、水力・火力・原子力・FIT電気・再生可能エネルギーなどが含まれます。
  • 当社がFIT電気を調達する費用の一部は、当社以外の小売電気事業者から電気をご購入されているお客さまも含めた電気の利用者が負担する賦課金によって賄われており、CO2が排出されないことを始めとする再生可能エネルギーとしての価値を訴求するにあたっては、国の制度上、非化石証書の使用が必要とされています。当社が販売するFIT電気は、CO2排出量について火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
  • 当社の2018年度のCO2排出係数(調整後)は0.656kg-CO2/kWhです。

北海道における再生可能エネルギー導入量(kW)は、388.4万kW(2018年度末)と、2012年度末実績の約1.9倍 に大きく増加しています。

【北海道の再生可能エネルギーの導入量(kW)】

北海道の再生可能エネルギーの導入量(kW)

  • 当社の電力系統(離島を除く)に連系する再エネ発電設備の容量の合計です。
  • 固定価格買取制度(FIT制度)導入年度と現在の比較です。

「当社の電力量(kWh)の構成」について、詳しくは以下をご覧ください。

当社の再生可能エネルギー導入拡大に向けた取り組み

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。