ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

水力発電について

水力発電について

水力発電とは

水を高いところから低いところへ落として、その水の量と落差から生まれる力によって、発電機を回して電気を作る水力発電。
日本で最初に水力発電が作られた18年後の明治39年に、北海道で初の水力発電所「敷島内発電所(120kW)」が岩内町に作られました。
水力は、風力や太陽光など数ある自然エネルギーの中でも、長い歴史の中で培われた技術により経済的で安定した電気を作り出すことのできる自然エネルギーです。
山の中などにダムをつくり、川をせきとめ水をためます。その水を高いところから落としたり、たくさんの水を流して発電機と直結した水車を回し電気をつくります。

水力発電のしくみ図

揚水発電とは

揚水発電とは、上部調整池と下部調整池を造り、電気の消費が少ない時に、上部調整池へ水を汲み上げておき、電気の消費の多い昼間に上部調整池の水を下部調整池に落として発電する方式です。
揚水発電所は、電気を水の形で貯え、貴重なエネルギー資源を有効利用する発電所です。

【昼の状況】

昼の状況

【夜の状況】

夜の状況

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。