ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

水力発電所の開発・出力向上

新設・建て替えによる中小水力発電所の開発

これまで発電に利用されていなかった水資源を活用した中小水力発電所の開発を進めています。
例えば、治水用のダムや既設発電所の水路の一部など、水の有効利用が可能と判断された地点で新しい発電所の建設を進めています。また、老朽化した発電所の建て替え時には、水路や取水設備などを改修し、これまで雪解けや降雨時にダムから放流していた余水を利用することで、最大出力を向上させています。

発電所 実施年月 実施前の出力
(kW)
実施後の出力
(kW)
増加出力
(kW)
朱鞠内 2013年3月 1,120
滝上芝ざくら 2013年12月 112 260 148
ユコマンベツ 2014年6月 710
新岩松 2016年1月 12,600 16,000 3,400
京極名水の郷 2016年10月 410
洞爺 2018年6月 5,500 6,400 900
サンル 2019年2月予定 1,100
新得 2022年6月予定 20,000 23,100 3,100

グループ会社「ほくでんエコエナジー(株)」の所有設備

設備更新などによる既設発電所の出力向上

既設の発電所では、水車の更新時に高効率のものに取り替えることで、最大出力(kW)と発電量(kWh)の増加を図っています。また、性能確認試験で出力の増加が可能と判断できた場合には、設備の改修や交換などを行うことなく最大出力と発電量の増加を図っています。

【水車取り替えによる出力向上例(静内発電所)】

取り替え前

取り替え後

【水車更新による出力向上】
発電所 実施年月 実施前の出力
(kW)
実施後の出力
(kW)
増加出力
(kW)
層雲峡 2011年2月 23,800 25,400 1,600
豊平峡 2011年6月 50,000 51,900 1,900
真勲別 2012年2月 16,400 18,000 1,600
比羅夫 2012年7月 11,000 12,000 1,000
富村 2015年3月 40,000 41,300 1,300
春別 2016年3月 27,000 28,500 1,500
静内 2017年9月 46,000 46,700 700
東の沢 2018年4月 20,000 21,000 1,000
上飽別 2021年4月予定 4,150 4,650 500
虻田 2023年4月予定 19,500 20,790 1,290
【性能確認試験による出力向上】
発電所 実施年月 実施前の出力
(kW)
実施後の出力
(kW)
増加出力
(kW)
豊浦 2013年3月 3,400 3,500 100
愛別 2015年10月 5,500 5,600 100
志比内 2015年10月 1,300 1,600 300
砥山 2016年1月 10,000 10,200 200
岩知志 2016年4月 13,500 14,300 800
奥沙流 2018年4月 15,000 15,800 800

グループ会社「ほくでんエコエナジー(株)」の所有設備

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。