ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2022年度

苫小牧東部地域におけるバイオマス発電事業への参画について

2022年4月1日

 当社は、エクイスグループ(本社:シンガポール、以下、「エクイス」)が設立した「苫東バイオマス発電合同会社」に出資参画し、エクイスと共同で木質バイオマス発電事業(以下、「本事業」)に取り組むことといたしました。

 本事業は、輸入木質ペレットを主な燃料とする出力規模50,000kWのバイオマス専焼発電設備を苫小牧市に建設する計画で、2025年4月の営業運転開始を予定しております。また、本事業で発電した電気は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用して北海道電力ネットワーク株式会社へ売電します。
 当社は、発電所の運営面で、これまで発電事業で培った知見を活かし、発電設備の設計・建設時におけるオーナーズエンジニアリング業務や、営業運転開始後の運転・保守業務を担うこととしております。

 木質バイオマス発電は、天候に左右されず安定的に発電することができる再生可能エネルギー電源の一つであり、電源の脱炭素化の一端を担うものです。
 ほくでんグループは、2050年までに発電部門からのCO2排出ゼロを目指しており、今後も、カーボンニュートラルの実現に向けて再生可能エネルギーの導入拡大に取り組んでまいります。

発電設備の設計、建設、運転準備等に関するオーナー(苫東バイオマス発電合同会社)への支援業務。

【関連するSDGs】

関連するSDGs

【添付資料】

プレスリリース 2022年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。