ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

経営方針・計画

ほくでんグループの経営理念

ほくでんグループは、「人間尊重・地域への寄与・効率的経営」の経営理念のもと、ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視しています。
今後も、北海道の経済やお客さまの暮らしを支え、事業の持続的な成長と持続可能な社会の実現に努め、ほくでんグループの変わらぬ使命を果たしていきます。

ほくでんグループ経営理念

ともに輝く明日のために。Light up your future. ほくでんグループ

ほくでんグループ経営ビジョン2030

今後の経営環境の変化に着実に対応していくため、2030年における目指す姿として、「ほくでんグループ経営ビジョン2030」を取りまとめ、2020年4月30日に公表しました。

ほくでんグループは、経営環境の変化をグループが進化するための好機と捉え、持てる力を発揮し、持続的な成長を実現していきます。
価格競争力を向上させ、お客さまに低廉な電気とご期待の一歩先を行くサービスを提供していくとともに、新たな技術の活用や事業領域の拡大に取り組んでいきます。また、レジリエンス(災害等に対する回復力・復元力)を強化し、責任あるエネルギー供給の担い手としての役割を引き続き果たします。
さらには、これまで以上に「ESG(環境・社会・ガバナンス)」を重視するとともに、北海道の皆さまと共に新たな価値を創り上げる「共創」の考え方に基づき、低炭素化や地域経済の発展への貢献など、社会的な課題を解決していきます。
地域の皆さまから選ばれ愛されるほくでんグループを目指し、これらにゼンリョクで取り組むことで、明るい未来を創造していきます。

PDFファイルを開きます。ほくでんグループ経営ビジョン2030 [PDF:3,048KB]

経営計画の概要

2020年度の主な取り組み事項

  1. 経営基盤の強化

    1. (1)収入拡大に向けた取り組み
    2. (2)費用低減に向けた取り組み
  2. 泊発電所の早期再稼働と安全性向上
  3. ほくでんネットワークの取り組み
  4. 新たな技術・知見の活用
  5. ESGの取り組み

2020年度の経営計画を掲載しています。

ほくでんグループの業績に影響を及ぼす可能性のある主なリスクについてご説明しています。

コーポレートガバナンスの基本的な考え方を掲載しています。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。