ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

2019年度の取り組み実績

効率化実績

(億円)

費用項目 主な効率化内容 2019年度実績
人件費
  • 給料手当・厚生費の削減
(16) 153
需給関係費
  • 燃料費の削減
  • カイゼンによる工事工程の見直し
  • 卸電力取引所の活用
(127) 186
設備投資関連費用
  • 資機材調達コストの低減
  • 工事内容・工法、工事実施時期の見直し
(21) 90
修繕費
  • 資機材調達コストの低減
  • 工事内容・工法、工事実施時期の見直し
(88) 216
諸経費等
  • 資機材調達コストの低減
  • 情報処理費用の削減
  • その他の費用の削減
(76) 165
合計   (328) 810

( )内は経営基盤強化推進委員会の取り組みの成果

  • 2019年度は、2018年度までの取り組みを継続したうえで、経営基盤強化推進委員会を通じ、さらなる効率化・コスト低減策を進めていくこととしていました。
  • 経営基盤強化推進委員会のもとでの資機材調達コストの低減やカイゼンによる工事工程の見直し等、さらなる効率化・コストダウンの成果の積上げとして、810億円の効率化を達成しました。

PDFファイルを開きます。効率化・コスト低減に向けた具体方策例 [PDF:554KB]

人件費

2019年度実績 153億円

主な効率化の内容 具体的な取り組み例
給料手当の削減
  • 月例賃金・賞与の減額
  • 働き方改革の取り組みによる時間外手当の低減
厚生費の削減
  • 健康保険料会社負担率の引下げ

需給関係費

2019年度実績 186億円

主な効率化の内容 具体的な取り組み例
燃料費の削減
  • 石炭保管料などの燃料の受入・払出し業務に関する経費等の削減
  • 水力発電所の出力増強
  • カイゼンによる工事工程の見直し
    (苫東厚真発電所の定期検査期間短縮による燃料費削減)
卸電力取引所の活用
  • 卸電力取引所からの安価な電力購入による燃料費の削減等

設備投資関連費用

2019年度実績 90億円

主な効率化の内容 具体的な取り組み例
資機材調達コストの低減
  • 外部知見の活用
  • 機器の仕様見直しや汎用品の採用
工事内容・工法、工事実施時期の見直し
  • 工事範囲の縮小などの設備更新の厳選
  • 当社やメーカーが新たに開発した保全・診断技術の活用による設備更新時期の最適化

修繕費

2019年度実績 216億円

主な効率化の内容 具体的な取り組み例
資機材調達コストの低減
  • 競争拡大に向けた取り組み
  • 材料・工事等の分離発注
工事内容・工法、工事実施時期の見直し
  • 設備補修工事の厳選
  • 工事実施時期の調整による施工面での効率化

諸経費等

2019年度実績 165億円

主な効率化の内容 具体的な取り組み例
資機材調達コストの低減
  • 競争拡大に向けた取り組み
  • 資機材調達における社外専門家の活用
情報処理費用の削減
  • システム開発工程の見直し、システム運用費用の削減
その他の費用の削減
  • 委託仕様の見直し
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。