ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2015年度

京極発電所2号機の営業運転開始について

2015年11月1日

 当社は、地球環境と地域のエネルギーセキュリティに配慮しながら長期的な電力の安定供給を確保するために、バランスの取れた電源の多様化を進めており、ピーク供給力としての役割、揚水による電力の貯蔵や電力系統の調整機能などを有する京極発電所※1の建設を進めています 。
 本日、京極発電所2号機(出力:20万kW)が営業運転を開始しましたのでお知らせいたします。

 京極発電所は北海道初の純揚水式発電所※2です。本日、営業運転を開始した2号機についても、1号機と同様に電気の周波数を一定に保つよう瞬時に入出力調整を行うシステム(可変速揚水発電システム)を採用しており、電気の品質維持に大きく寄与するものです。

  • ※1京極発電所
    最大出力60万kW(1~3号機合計)、2014年10月1日 1号機営業運転開始。
  • ※2純揚水式発電所
    揚水式発電所は、発電所の上部と下部に大きな池(調整池)を持ち、電力需要の少ない時に下部調整池から上部調整池へ水をくみ上げておき、電力需要の多いピーク時に発電する方式で、純揚水式と混合揚水式に分けられます。
    純揚水式発電所は、上部調整池へ流入する河川がなく、下部調整池からの揚水分のみで発電する方式です(混合揚水式は上部調整池へ河川からの自然流入がある方式です)。

【添付資料】

プレスリリース 2015年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。