ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2012年度

伊達発電所2号機の復旧について(最終報)

2013年2月1日

 伊達発電所2号機(所在地:伊達市、定格出力:35万kW、使用燃料:重油)は、昨年12月以降、復水器※1へ海水が漏れ込む不具合が連続して発生しております。
 その防止策として、1月29日1時頃より上限出力を17.5万kWに抑制し、片系列※2について復水器細管の肉厚測定を行い、肉厚の薄い細管を施栓※3する作業を実施いたします。
 今回の作業は、電力需給に比較的余裕のある限られた期間内に、作業範囲を限定して実施するものであり、復旧は2月1日頃となる見込みです。
 なお、残りの片系列は、電力需給状況を見極めて別途同様の作業を計画いたします。

(2013年1月28日 お知らせ済み)

 伊達発電所2号機は、1月29日1時頃より復水器片系列の細管肉厚測定作業に着手しましたが、新たに復水器入口弁※4漏洩という不具合を確認したことから、肉厚測定を中止するとともに、1月29日22時頃より発電を停止して復水器入口弁の点検作業を実施することといたしました。
 また、これにあわせて、復水器両系列について細管の肉厚測定と施栓を実施し、海水の漏れ込み防止を図る予定です。復旧は2月1日頃となる見込みです。

(2013年1月29日 お知らせ済み)

 伊達発電所2号機については、復水器入口弁点検の結果、弁の一部に損傷を確認したことから補修を行い、本日21時28分に復旧しました。
 なお、今回の停止にあわせて、復水器両系列について細管の肉厚測定を行い、肉厚の薄い管290本に施栓を実施することにより、今後の復水器への海水漏れ込み防止を図りました。

 伊達発電所2号機の復旧に伴い、明日(2月2日)の当社のピーク時供給力は602万kW、予想最大電力は490万kW、供給予備力は112万kWとなります。

 お客さまには、これまで節電に対してご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 伊達発電所2号機は復旧いたしましたが、現在、音別発電所2号機(所在地:釧路市、定格出力:7.4万kW、使用燃料:軽油)が停止していることから、発電設備のさらなる計画外停止や北本連系設備が停止した場合には、極めて厳しい状況になることも想定されます。
 引き続き節電への取り組みにつきまして特段のご配慮を賜りますようお願い申し上げます。

  1. ※1 復水器:タービンで使用した蒸気を海水により冷却する熱交換器のこと。
  2. ※2 片系列:当該復水器は2系列で構成されており、出力抑制にて片系列のみでの運転が可能。
  3. ※3 施栓:復水器細管の両端に金属の栓をすることにより、海水の漏れ込みを防止するもの。
  4. ※4 復水器入口弁:復水器を通過する海水を停止するための弁。

<明日(2月2日)の需給状況>

(単位:万kW)

  変更後 変更前
ピーク時供給力 602 567
予想最大電力 490 490
供給予備力 112 77

プレスリリース 2012年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。