ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2012年度

暴風雪による66kV幌別線 鉄塔倒壊に対する復旧作業の実施状況について(第4報)

2012年11月29日

 現在、長時間にわたり停電が発生しております。お客さまには大変ご迷惑をお掛けしており、深くお詫び申し上げます。

 電線着雪や暴風雪と想定される原因により鉄塔1基が倒壊した66kV幌別線の復旧作業については、現在送電再開に向け、全力で作業を進めております。
 復旧作業の工程および進捗状況は以下の通りであり、本日、東日本高速道路株式会社の協力をいただきながら、道央自動車道横断を含めた電線架線作業を、早期に進めてまいります。

  • 当該作業のため、道央自動車道「登別室蘭インターチェンジ~登別東インターチェンジ」間が、11月29日11時30分~17時30分の間、通行止めとなります。

 現時点で工事完了は11月30日の早い時間を予定しています。その後、順次送電を開始し、停電解消は同日午後を見込んでいますが、可能な限りの工程前倒しに取組んでまいります。

【復旧作業の工程・進捗状況】(11/29 8時現在)

  1. 1)仮鉄柱基礎掘削:
    •   1基(完了) 1基(60%)
    •  本日午前中に完了予定
  2. 2)仮鉄柱基礎埋め戻し:
    •   1基(完了) 1基(60%)
    •   本日午前中に完了予定
  3. 3)仮鉄柱組立:
    •   1基(完了) 1基(50%)
    •   本日午前中に完了予定
  4. 4)電線架線:
    •   3径間 (11/29に3径間完了予定)
  5. 5)電線接続:
    •   2箇所 (11/30に2箇所完了予定)

プレスリリース 2012年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。