ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

個人のお客さま

ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)

平成29年10月31日をもちまして、新規加入の受付を終了いたしました。

時間帯別電灯をベースに、冬期間の夕方にピーク時間帯を設定したメニューです。電気のご使用を昼間から夜間へ移行していただくとともに、冬期間のピーク時間帯に電気のご使用を工夫して少なくしていただくほど、電気料金のご負担を軽減できます。

PDFファイルを開きます。電気料金メニューチラシ(ピーク抑制型時間帯別電灯) [PDF:1,177KB]

料金単価表

種別・区分 単位 料金単価
(税込)
基本料金 契約容量6kVA以下の場合 1契約 1,404円00銭
契約容量6kVAをこえる場合 1契約につき最初の10kVAまで 2,268円00銭
10kVAをこえる1kVAにつき 334円80銭
電力量料金 冬期間 ピーク時間 1kWh 60円02銭
昼間時間 最初の90kWhまで 1kWh 25円07銭
90kWhをこえ210kWhまで 1kWh 31円71銭
210kWhをこえる分 1kWh 35円63銭
その他期間 昼間時間 最初の90kWhまで 1kWh 28円08銭
90kWhをこえ210kWhまで 1kWh 35円66銭
210kWhをこえる分 1kWh 40円10銭
夜間時間 1kWh 14円13銭
料金割引 5時間通電機器の場合 蓄熱式電気暖房器 1kVA 129円60銭
電気温水器など 1kVA 172円80銭
通電制御型機器の場合 電気温水器 1kVA 129円60銭
蓄熱式電気暖房器 1kVA 108円00銭
非蓄熱式電気暖房機器の場合[Ⅰ型] 冬期間 電力量料金からピーク時間帯電力量に対応する料金を除いたものの(燃料費調整前)20パーセント
上限額 非蓄熱式電気暖房機器1kVAにつき 2,376円00銭
中間期間 電力量料金の(燃料費調整前)10パーセント
上限額 非蓄熱式電気暖房機器1kVAにつき 864円00銭
非蓄熱式電気暖房機器の場合[Ⅱ型] 冬期間 電力量料金からピーク時間帯電力量に対応する料金を除いたものの(燃料費調整前)30パーセント
上限額 非蓄熱式電気暖房機器1kVAにつき 3,240円00銭
最低月額料金 1契約 334円80銭
  • 「冬期間」とは、毎年11月の検針日から翌年3月の検針日の前日までの期間をいい、「その他期間」とは、「冬期間」以外の期間をいいます。
    また、「中間期間」とは、毎年9月の検針日から11月の検針日の前日までの期間および毎年3月の検針日から5月の検針日の前日までの期間をいいます。
  • 「ピーク時間」とは、原則として「冬期間」の毎日午後4時から午後6時までの時間をいいます。
  • 「昼間時間」とは、原則として毎日午前7時から午後11時までの時間をいいます。ただし、「ピーク時間」を除きます。
  • 「夜間時間」とは、「ピーク時間」および「昼間時間」以外の時間をいいます。
  • 5時間通電機器および通電制御型機器の料金割引は、平成25年9月30日をもちまして、新規適用の受付を終了いたしました。
    (集合住宅等において、引越しに伴うお客さまの変更や当社とのご契約廃止後、再びご契約される場合等に割引を継続適用してきた特別措置についても、平成30年3月31日をもちまして終了いたしました。なお、平成30年3月31日時点で、この特別措置に該当する割引の適用を受けている場合は、平成30年4月以降も引き続き割引が適用となります。)

  • 非蓄熱式電気暖房割引は、平成27年8月31日をもちまして、新規適用の受付を終了いたしました。
  • 支払期日(検針日の翌日から起算して30日目)を経過して支払われる場合、その経過日数に応じて、年10%(1日あたり約0.03%)の延滞利息をお支払いいただきます。詳しくは以下をご覧ください。
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。