ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

風力発電

風力発電とは

風の力を利用して、羽根(ブレード)を回し、その回転運動を利用した発電方法です。二酸化炭素を発生させずに発電できるため、化石燃料の消費削減に貢献できます。

導入拡大に向けて

風力発電は、風の強さや風向きが変化することにより、発電出力が大きく変動します。こうした出力の変動が「電気の品質」(周波数や電圧など)に悪影響を及ぼすことのないよう、技術的な検証を行いながら導入拡大に向けた取り組みを進めています。

当社の取り組み

北海道は従来から風力発電の適地とされており、当社はこれまで電気の品質に与える影響を確認しながら、段階的に連系量を拡大してきました。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度により太陽光発電の導入が急速に進む中、他の地域と比べて系統規模の小さい北海道では、再生可能エネルギーの受け入れに必要な調整力に限界があり、さらなる導入拡大には技術的な課題をクリアする必要があります。

風力発電の接続可能量は現時点で36万kW(東京電力との実証試験分20万kW程度を除く)ですが、当社は各種実証試験などを進めており、今後これらの実証試験などで得た知見を活用しながら再生可能エネルギーのさらなる導入拡大につなげていく考えです。

周波数調整面から評価した接続可能量

【風力発電導入量の推移】

風力発電の導入量推移

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。