ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

石狩湾新港発電所の概要

名称 石狩湾新港発電所
所在地

北海道小樽市銭函5丁目

原動力の種類

ガスタービンおよび汽力(コンバインドサイクル発電方式)

出力

合計170.82万kW

1号機56.94万kW
2号機56.94万kW
3号機56.94万kW

燃料の種類 天然ガス
燃料の供給方法 北海道ガス(株)が運営する石狩LNG基地※1からガス導管を通じて供給
煙突 高さ80m(3筒身集合型)
復水器冷却方式 海水冷却方式
冷却水使用量

合計39m3/s

1号機13m3/s
2号機13m3/s
3号機13m3/s

取放水温度差 7℃以下
着工※2 1号機 2015年8月
2号機 2023年3月(予定)
3号機 2027年3月(予定)
営業運転開始(予定) 1号機 2019年2月
2号機 2026年12月
3号機 2030年12月
  1. ※1北海道ガス(株)との間で、石狩LNG基地の共同利用に関する「基本合意書」を締結(2011年10月)しており、同基地内に発電所用燃料設備を設置します。
  2. ※2着工は、電気事業法第48条に基づく届出年月です。

【発電所完成予想図】

【全体配置計画】

全体配置計画
拡大表示します。拡大して表示する

注:破線部分は埋設設備を示します。

【主要設備の配置計画】

主要設備の配置計画
拡大表示します。拡大して表示する

注:破線部分は埋設設備を示します。

【放水設備(海域)の断面図】

ガス導管

工事工程

建設工事のようす

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。