ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

石狩LNG基地における増設計画

北海道ガス(株)が運営する石狩LNG基地において、ガス事業法のもと、当社所有となるタンク等の増設工事が行われています。
No.3タンクは2018年7月に完成し、同年8月にLNGの受入を開始しました。
また、No.4タンクの増設工事は2016年6月(準備工事は2016年3月)から行われており、2020年10月に完成する予定です。
石狩LNG基地については、北海道ガス(株)と共同利用に関する「基本合意書」を締結(2011年10月)しています。
石狩LNG基地において、No.3タンクおよびNo.4タンクなど石狩湾新港発電所用の燃料設備を設置し、当社が調達するLNGの受け入れ、貯蔵および発電所への燃料ガスの供給を行うこととしています。

No.3タンクおよびNo.4タンクの概要

  No.3タンク No.4タンク
設置場所 石狩LNG基地内(石狩市新港中央4丁目)
タンクの種類 プレストレストコンクリートLNGタンク(地上式)
貯蔵容量 23万kl
高さ 約60m
直径 約90m
工期 2014年8月着工
2018年7月完成
2016年6月着工
2020年10月完成(予定)

【LNG受入から燃料ガス供給までの流れ】

LNG受入から燃料ガス供給までの流れ
拡大表示します。拡大して表示する

LNG船初入港の様子

【石狩LNG基地に入港したLNG輸送船「S.S.Puteri Delima Satu号」】

タンクとLNG輸送船

LNG輸送船「S.S.Puteri Delima Satu号」

動画

北海道電力公式YouTubeチャンネルに移動します。

YouTube側のサーバー状況やお使いの環境によっては、視聴いただけない場合がございます。

LNG基地増設工事の様子

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。