ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

エゾアカヤマアリに係る環境保全措置

エゾアカヤマアリの営巣状況調査結果(工事開始前)

2015年9月2日~9月3日に作業区域内とその周辺2m(営巣の大きさにある程度の裕度を考慮)の範囲を調査した結果、エゾアカヤマアリ(以下、「アリ」といいます。)の営巣を確認しました。

【アリの営巣状況調査範囲】

アリの営巣状況調査範囲

立案した環境保全措置

地元自治体との協議および専門家の助言を受けて、環境保全措置(①・②)を立案しました。
なお、立案した環境保全措置は2016年3月から順次実施し、その効果の評価・検証は2016年度に開始します。

【環境保全措置の概略図】

環境保全措置の概略図

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。