ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

法人のお客さま

電化厨房システム

「環境にやさしい」「人にやさしい」「いつでも美味しい」料理を提供したい!
このような理想的な調理環境を築き上げるのが「電化厨房」です。
煮炊き、焼く、蒸す、炒める、揚げるなど機器のバリエーションも豊富で、新製品も続々開発されるなど進化を続けており、レストラン、スーパー、福祉施設などの幅広いお客さまに愛され、ご採用も年々増えております。

電化厨房のメリット

Cool(涼しい)

電気の調理器は燃焼を伴わないため、輻射熱や水蒸気が少なく、上昇気流の発生も少ないのが特長です。そのため厨房内の温度や湿度の上昇が少なく、快適な空間で調理を行なうことができます。

IH調理器では、調理人が輻射熱の影響をほとんど受けていない様子がよくわかります。
また、排熱も少なく厨房内の温度上昇を抑えます。

【調理時の輻射熱の比較】

調理時の輻射熱の比較

調理イメージ

Clean(清潔)

電化厨房は燃焼を伴わないため油煙などの汚れが少なくなり、清掃作業の負担軽減と厨房内のドライキッチン化も実現できます。また、清掃に関わる水道代の節約にも繋がります。

油煙や油の飛び散りも少ないため、お客さまから拝見できる窓ガラス面も清潔に保つことができます。

【フライヤー調理時の油の飛び散り比較】

フライヤー調理時の油の飛び散り比較

コロッケ90個を揚げた時に飛び散った1mm以上の粒子の数

フライヤー調理イメージ

Control(温度・調理時間管理)

電化厨房は、調理温度・時間の管理が細かく正確にできるのが大きな特長です。
経験や勘に頼らず、数値による調理マニュアル化を推進でき、調理経験が浅いスタッフでもプロ並みの調理が可能となります。
焼く、蒸すなどの調理モードや調理時間・調理温度をあらかじめ調理機器に簡単に登録することができます。

【調理技術デジタル化】

調理技術デジタル化

【数値によるマニュアル化】

数値によるマニュアル化

Compact(省スペース)

電化厨房は排熱や水蒸気・油煙の発生が少ないため、機器の上部や下部に別の調理器や冷蔵機器・収納棚などを立体的に配置することができ、合理的でコンパクトな厨房づくりが可能となります。その分、客席を増やすなど商売繁盛にも貢献します。

IHクッキングヒーターの上に電子レンジ、冷蔵庫上部に魚焼き器を設置

IHクッキングヒーターの上に電子レンジ、冷蔵庫上部に魚焼き器を設置

スチームコンベクションオーブン上部に焼物器を設置

スチームコンベクションオーブン上部に焼物器を設置

Productivity(生産性の向上)

電化厨房は調理作業のマニュアル化が容易で管理もしやすいことから、味の均一化に加え調理スタッフの労力軽減にも繋がり、生産性の向上に貢献します。
厨房機器のメンテナンスサイクルの低減、清掃時間の短縮などの観点からも、経営者さまにも高く評価され、さまざまな業態へ電化厨房の採用が広がっています。

食品イメージ

食品イメージ

食品イメージ

厨房メーカーご紹介

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。