ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。
ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業情報

一般送配電事業における中立性・信頼性確保の取り組み

情報管理・法令等遵守に係る体制について

当社は、一般送配電事業の中立性・信頼性を確保するために、その前提となる情報管理や法令等遵守の確実化のための組織・体制、仕組みの整備について取り組みを進めています。
また、新たに設置した「行為規制等遵守委員会」において、委員である外部の専門家から、外部の目線で当社体制に対する評価・提言をいただき、法令等遵守に向けた体制や取り組みを継続的に見直してまいります。

方針 追加的対策
社員の意識変革
  1. (1)中立・公平性確保に関する宣言を新たに公表します。
  2. (2)法令等の遵守に向けた社長メッセージを社員向けに発信しています。
  3. (3)行為規制に係る取り組みを風化させないよう、社長をはじめとした役員が現業機関を訪問し、啓発活動を行っています。
  4. (4)法令等遵守のために取り組み事項を従業員一人ひとりが自ら設定し、取り組み状況などを職場内で共有しています。
チェック体制・対策の整備・強化
(3線管理)
  1. (5)法務・企画部門(第2線)において、当社のコンプライアンス推進に関する計画の見直しや、行為規制違反時に懲戒処分の可能性がある旨社内規程に明記するなどの見直しを行っています。
  2. (6)事業部門(第1線)の管理職を行為規制の遵守に関する責任者や管理者に任命し役割を明確化しています。
  3. (7)事業部門(第1線)内において、上位機関から下位機関への日常的な遵守状況のチェック等を実施します。
  4. (8)本店事業部門(第1線)において、法令等遵守状況の自己点検の点検項目等を抜本的に見直します。
  5. (9)法務・企画部門(第2線)による自己点検の実施状況の確認(モニタリング)を行います。
  6. (10)内部監査部門(第3線)が実施する内部監査のチェック項目等を洗い直します。
法令等遵守に関する理解向上
  1. (11)業務上の行為規制の留意点などを洗い出し、社内規程等に反映します。
  2. (12)部門教育全カリキュラムへの行為規制研修の組込み、教育を実施しています。
  3. (13)行為規制等の遵守状況の確認を目的とした全従業員向けのアンケートを定期的に実施しています。
  4. (14)行為規制の相談箇所や内部通報窓口の社内周知を定期的に行っています。
外部専門家によるチェック体制の構築
  1. (15)新たに設置した「行為規制等遵守委員会」において、委員である外部専門家から外部の目線で評価・提言をいただき体制を強化しています。

一般送配電業務の中立性確保に関する行動規程

当社は、一般送配電事業における公平性・透明性を一層高めるため、「一般送配電業務の中立性確保に関する行動規程」を整備しています。
コンプライアンスの徹底などを目的に「企業倫理委員会」を設置するとともに、当社の役員および従業員を対象とする「コンプライアンス行動指針」を制定し、法令の遵守、情報の適正な取扱いなどを徹底しています。

マニュアル名称 公表日

PDFファイルを開きます。一般送配電業務の中立性確保に関する行動規程 [PDF:326KB]

2024年6月1日改正

当社と北海道電力株式会社との兼職および北海道電力株式会社からの受託について

当社と北海道電力株式会社との間において、以下のとおり、従業員の兼職を行います。

PDFファイルを開きます。北海道電力株式会社と北海道電力ネットワーク株式会社との兼職について [PDF:87KB]

北海道電力株式会社から受託している業務は以下のとおりです。

PDFファイルを開きます。北海道電力株式会社からの受託について [PDF:71KB]

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。