参加者の声

過去のインターンシップ参加者の声を掲載しています。今年度開催コースと異なるコースが紹介されている場合があります。

  • 技術系職
  • 事務系職

参加者の声(事務系職)

※今年度、事務系職は「販売コース」、「ネットワーク営業コース」、「資材コース」、「法務コース」、「広報コース」の開催を予定しています。

営業・資材コース

  • 参加者
  • 営業コースでは、営業業務に関する講義に加えて、発電機車やホットスティックなどの工具を見せていただくことで、電力会社の仕事についてより理解が深まりました。資材コースでは、資材業務に関するロールプレイングを行い、取引先の企業へ提案するときには理由や根拠を明確にすることはもちろん、納得してもらえるように説明することなどコミュニケーションが重要であり、話す内容だけではなく話し方や笑顔も大切であると学びました。

営業・法務コース

  • 参加者
  • 営業コースでは、電力会社の現状をよく知ることができました。電力を安定して供給することはもちろんのこと、電力の小売全面自由化にともなって競合他社との差別化が大事であることが分かりました。そのような現状を踏まえてのグループワークがとても達成感がありました。法務コースでは、事例演習を行うことで実際に法務部門がどのような仕事を行っているのかを学びました。ここでは各部署の要望などを聴く力が大事であると聞きました。営業コースでも聴く力が重要であるので、営業と法務では、共通する部分が多くあることに気づきました。

営業・広報コース

  • 参加者
  • 営業コースでは、電力自由化に伴う激しい競争が行われている中でどのように顧客をつなぎとめるのかを真剣に考えることができ、とても良い経験になりました。他の人の意見をただ否定、肯定するのではなく、そこから広げて行くことが重要なのだと強く感じました。広報コースでは、普段何気なく目にしているCM、ニュースの裏側について知ることができました。常日頃から様々な広告を目にし、常にアンテナを張っておくことが必要であると感じました。