ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2021年度

泊発電所3号機における傷病者発生について

2021年12月3日

 泊発電所3号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力91万2千kW)は、定期検査中のところ、本日、14時36分、タービン建屋1階(非管理区域)で、弁の分解点検作業中にグレーチングを取り外す際、協力会社作業員1名が転倒し負傷しました。
 その後、体調不良を訴えたことから、14時54分、救急車を要請し倶知安厚生病院へ搬送されました。

 病院における診察の結果、左肘の裂傷、腰部及び左膝の打撲と診断されました。

 なお、今回の事象による環境への放射能の影響はありません。

 本件については、「泊発電所に関する通報連絡及び公表基準」に基づき、北海道及び岩宇4カ町村(泊村、共和町、岩内町、神恵内村)に連絡済です。

グレーチング
発電所の歩行通路の床面などに使用されている格子状の金属部材

【添付資料】

プレスリリース 2021年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。