ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2021年度

道南地域における水力発電所アライアンス事業の実施について
~カーボンニュートラルの実現に向け水力発電を最大限活用~

2021年10月28日

北海道電力株式会社
三菱商事株式会社

 北海道電力株式会社(本社:北海道札幌市、以下「北海道電力」)と三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、以下「三菱商事」)は、「道南水力発電合同会社」(本社:北海道函館市、以下「道南水力発電」)を2021年11月に設立し、北海道道南地域において「水力発電所アライアンス事業」を実施することを合意しました。

 本事業は、道南地域に位置する北海道電力所有の七飯(ななえ)発電所、磯谷川(いそやがわ)第一発電所、磯谷川第二発電所および相沼内(あいぬまない)発電所の4発電所に、北海道電力の子会社であるほくでんエコエナジー株式会社が所有する大野(おおの)発電所を加えた計5発電所のリプレースおよびリプレース後の発電事業を、道南水力発電が実施するものです。
 北海道電力がこれまで培ってきた水力発電事業の知見に、三菱商事の国内外における再生可能エネルギー発電事業の知見を組み合わせることで、より効率的なリプレースおよび長期安定的な事業運営が可能となります。
 今後、道南水力発電は、順次5発電所のリプレースを進め、発電事業を開始していきます。

 両社は、純国産かつ地域の貴重な水資源を活用した再生可能エネルギーである水力発電を長期にわたって最大限活用し、カーボンニュートラルの実現に貢献してまいります。

【関連するSDGs】

関連するSDGs

【添付資料】

プレスリリース 2021年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。