ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

2019年度第2四半期 決算説明会の主なご質問

Q

泊発電所の審査状況について、本日(11月7日)開催された審査会合では何を説明したのか。

A

本年5月より実施してきた敷地内断層の活動性評価に関する追加調査結果を取りまとめ、F-1断層が活断層ではないことを説明しました。F-4断層およびF-11断層についても今後の審査会合で説明させていただきたいと考えています。
11月15日に実施される現地調査において、現地の地層等をご確認いただいたうえで、当社評価についてご理解を得てまいりたいと考えています。

Q

配当と株主還元に関する考え方を教えて欲しい。

A

当社の利益配分にあたっては、安定配当の維持を基本に、中長期的な経営環境や収支状況などを総合的に勘案して決定することとしています。今後の配当水準については、自己資本の回復を図りつつその時点での経営環境や、収支・財務の状況などを総合的に勘案し、判断してまいります。

Q

営業活動の成果は出てきているのか。

A

高圧・特別高圧については、お客さまのニーズを捉えた個別の料金提案や省エネ診断サービスの取り組み強化などにより、本年7月から対前年同月で販売電力量がプラスに転じており手応えを感じているところです。
低圧については、厳しい競争環境が継続しておりますが、11月から新料金プラン「エネとくポイントプラン」を投入し、競合他社にも対抗可能な料金割引と当社の会員制Webサービス「エネモール」と連動した付加価値をご提供することで、少しでも多くのお客さまに当社をご選択いただけるよう、取り組んでまいります。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。