ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

2020年度の取り組み実績

効率化実績

(億円)

費用項目 主な取り組み内容 2020年度実績
人件費
  • 5,000人体制に向けた業務効率化による給料手当の削減
6
需給関係費
  • 工事工程の見直し
    (苫東厚真発電所等の定期検査期間短縮による燃料費の低減)
  • スポット購入によるLNG調達費の低減
  • 卸電力取引所からの安価な電力購入による燃料費の低減
216
設備投資関連費用
  • 新工法の導入による工事費の低減
3
修繕費
  • 競争拡大に向けた取り組みなどによる資機材調達コストの低減
  • 工事内容・工法、工事実施時期の見直し
    (設備補修工事の厳選、工事・点検周期の見直し)
149
諸経費等
  • 競争拡大に向けた取り組みなどによる資機材調達コストの低減
  • 情報処理費用の低減
    (システム開発工程の見直し、システム運用費用の削減)
59
合計   433
  • 電気料金値上げ時にお示しした効率化計画については、すでに取り組みとして定着しており、送配電部門の法的分離を機に2020年度からは、北電グループ経営基盤強化推進委員会の取り組みの成果を経営効率化実績として記載。
  • 北海道電力株式会社と北海道電力ネットワーク株式会社の合計値を記載。
  • 北電グループ経営基盤強化推進委員会のもと、カイゼン活動などの取り組みを通じ、資機材調達コストの低減や工事工程の見直しなど、効率化・コスト低減の積上げとして、433億円の効率化を達成しました。

PDFファイルを開きます。効率化・コスト低減に向けた具体方策例 [PDF:389KB]

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。