ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

送配電部門収支等について

2018年度送配電部門収支の算定結果について

電気事業法および電気事業託送供給等収支計算規則(経済産業省令)にもとづき、2018年度の送配電部門収支(※1)および送配電部門における超過利潤(又は欠損)額(※2)を算定いたしましたので、お知らせいたします。

  1. ※1当社の収支のうち、電力の託送などを行う送配電部門に係る収支です。
  2. ※2託送料金水準の適切性を判断することを目的として定義されたものです。
《2018年度送配電部門収支算定結果》
項目 金額(億円)
営業収益  (1) 2,225
営業費用  (2) 2,223
営業利益  (3)=(1)-(2) 2
営業外損益  (4) ▲57
特別損益  (5) ▲22
税引前送配電部門当期純利益(又は当期純損失)
(6)=(3)+(4)+(5)
▲77
法人税等  (7)
送配電部門当期純利益(又は当期純損失)
(8)=(6)-(7)
▲77

(注)金額は億円未満の端数を切り捨てています。

《2018年度送配電部門収支における超過利潤(欠損)算定結果》
項目 金額(億円)
送配電部門当期純利益(又は当期純損失)  (8) ▲77
送配電部門の事業報酬額  (9) 111
追加事業報酬額  (10) ▲0
送配電部門の財務費用(株式交付費、株式交付費償却、社債発行費及び社債発行費償却を除く。)  (11) 59
送配電部門の財務収益(預金利息を除く。)  (12) 4
送配電部門の事業外損益  (13) 0
送配電部門の特別損益  (14)
その他の調整額
(15)=(16)-(17)
▲0
  インバランス取引等損益  (16) ▲0

(インバランス取引損益)

▲2

(最終保障供給取引損益)

0
法人税補正額  (17)
当期超過利潤額(又は当期欠損額)
(8)-(9)-(10)+(11)-(12)-(13)-(14)-(15)
▲133

(注)金額は億円未満の端数を切り捨てています。

2018年度は、経営全般にわたる徹底した効率化に努めたものの、節電や省エネルギー意識の定着などで電力需要が減少したことに加え、平成30年北海道胆振東部地震に伴う特別損失等の影響により、133億円の欠損となりました。
人口の減少など地域の電力需要の減少により、引き続き、厳しい収支状況が見込まれますが、当社は、今後も安定供給を前提に経営効率化の徹底に取り組んでまいります。

詳細公表資料は以下をご覧ください。

【過去に公表した計算書等】

効率化に向けた取り組みについて

2017年度の電力・ガス取引監視等委員会料金審査専門会合(託送収支の事後評価)では、「他社の取組事例も参考に、更なる効率化やコスト削減に向けた様々な取組を進めていくこと」が示されており、2018年度における当社の検討・取組状況をとりまとめましたので、公表いたします。

PDFファイルを開きます。送配電部門における効率化の取組状況 [PDF:1,325KB]

調達改革に向けたロードマップについて

電力ネットワーク構築における資機材調達コスト削減への取組の一つとして、他の電力会社との仕様統一および調達方法の工夫を検討しており、当社の中長期的なロードマップをとりまとめましたので、公表いたします。

PDFファイルを開きます。調達改革に向けたロードマップ [PDF:889KB]

料金改定時に公表した認可申請書などを掲載しています。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。