ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

環境影響評価方法書 説明会

新得発電所建設計画 環境影響評価方法書説明会の開催結果(概要)は、以下のとおりです。

  1. 説明会の概要
    1. (1)実施日 2016年2月24日(水)
    2. (2)実施時間 午後6時30分~午後7時40分
    3. (3)実施場所 新得町公民館
    4. (4)来場者数 9人
  2. ご質問等と当社回答の概要

    3件のご質問をいただき、それぞれ回答を行いました。

    No. ご質問 当社回答
    1 取水堰、取水口施設に関して、新たに工事、建設物はあるのか。 取水堰、取水口施設における工事の実施予定はありません。
    2 十勝川の水質(浮遊物質量)に関し、環境基準に適合していない地点は、どの様に適合していないのか状況を教えて欲しい。 文献による十勝川の水質測定結果については、方法書51ページに記載しています。浮遊物質量は、十勝川水系の4地点のうち3地点(十勝ダム、新岩松発電所放水口、十勝川上流共栄橋)で、河川の環境基準(25mg/l)を超える記録がありますが、これら地点で環境基準を超過しているのは、年間9~12回測定のうち1~2回であることから、これは降雨出水による河川水の濁りによるものと想定されます。
    3 浮遊物質量が環境基準に適合していないのは、降雨が理由との説明があったが、汚染物質など別の原因ではないのか。 当社としては、水の濁りは降雨出水により発生したと想定しています。その他の汚染物質などのことは、把握していません。
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。