内定者の声

内定者の声
内定者の声

Q1. 企業を選ぶ際に重視したポイントは?

「公共性の高さ」

東日本大震災を経験し、人々の生活に無くてはならない公共性の高い仕事をしたいと強く感じるようになりました。また、変化の激しい社会において今後も活躍していくためには、将来の展望が確かなものであることが重要と考えていました。

(技術・通信系・男性)

「より多くの人のために」

北海道に住むより多くの人のために働きたいという考えがあり、社会貢献性を重視していました。加えて、一生その会社で働くのであれば素晴らしい人に囲まれて仕事をしたいと考えました。

(事務・文学系・男性)

「専攻を活かして」

大学院まで学んできた専攻を活かしつつ、社会(北海道)に貢献できる仕事を行いたいと考えていました。
そのためインフラ業界や環境貢献事業といった職務内容の企業を中心に選考を受けました。

(技術・土木系・男性)

「女性の働きやすい職場」

結婚後も働きたいと考えているため、女性の福利厚生や休暇の取得実績を確認するようにしていました。

(事務・社会情報系・女性)

「ワークライフバランス」

ワークライフバランスをきちんと保つことで、良い仕事ができるようになると考え、地元である北海道で過ごせるという点や福利厚生がしっかりしている点を重視していました。また、広く社会に貢献できる仕事に携わることがやりがいにつながるという思いがあったことからインフラ業界を志望しました。

(技術・化学系・男性)

「一緒に働きたいと思えるか」

この人たちと一緒に働きたい、この人のようになりたいと思えるかどうかを重要視していました。
それが自分のモチベーションにつながると考えました。

(事務・経済系・男性)

「エネルギーに関わる仕事」

国家の基盤である電力というエネルギーに関わる仕事ができ、大きなやりがいを持てるという点で、電力業界を中心に就職活動を行っていました。また、私は原子力専攻で原子力技術に関する専門的な勉強を行っているため、そうした知識を活かした仕事をしたいという思いもありました。

(技術・原子力系・男性)

「勤務地」

5年間北海道を離れて暮らしており、帰省のたびに将来は北海道に貢献したいと思うようになりました。その中で生活の基盤を支えたいという軸のもとで就職活動を行っていました。

(事務・法律系・男性)

Q2. 北海道電力を選んだ理由は?

「北海道全域を支える」

人々の生活を支える公共性の高い事業であり、加えて特定の市町村ではなく北海道全域を支える会社である点が非常に魅力的に映りました。また故郷である北海道に貢献したいという思いもあり、入社を決めました。

(技術・電気電子系・男性)

「エネルギーのプロとして」

電力自由化やガス自由化で変化していく業界で、エネルギーと環境に関わるプロとして活躍したいと思い、北海道電力を選びました。

(事務・環境系・女性)

「「電力の安定供給」への使命感」

社員の方々の、安価で安定的な電力を安全に供給し続けることで北海道経済に貢献するという強い使命感に感銘を受けたことと、北海道に密接に関わる仕事がしたいという思いから、北海道電力を選びました。

(技術・機械系・男性)

「新たな挑戦」

業界が変革期を迎える中、新たなことへ挑戦していくことで、社会に貢献しながら、自分自身のスキルを磨くことができると思いました。

(事務・政治系・男性)

「社員の人柄や雰囲気」

北海道で働きたいという思いをきっかけとして参加したインターンシップや発電所見学、採用選考を通して、北海道電力の社員の方々の人柄や雰囲気を感じ取り、この会社で働きたいと感じました。

(技術・機械系・男性)

「たくさんの人の「当たり前」を支える」

北海道のために働きたいという軸を持っていました。その中で、すべての人に欠かせない電力を供給し、北海道のたくさんの人の「当たり前」を支えていることに強い魅力を感じたからです。

(事務・経済系・男性)

「必要とされる技術者に」

電力会社で働くことを通じて、北海道に必要とされる技術者になりたいという思いが強かったので、入社を決めました。

(技術・電気電子系・男性)

Q3. 就職活動の成功談・失敗談は?

「先手で動くこと」

先手で動くことが大切だと感じました。なるべく早めにエントリーシートを他者に見てもらうことや、自己分析・面接練習を重ねることで、就職活動に慣れ、後々自分自身の力を発揮できるようになりました。

(事務・社会情報系・女性)

「客観性を高める」

複数の人に自己分析やエントリーシートを見てもらうことで客観性を高めるべきでした。他者に見てもらうことで初めて気づくミスもあるからです。

(技術・物理系・男性)

「企業研究」

企業について情報収集をするにあたり、他企業との差別化を図ることを意識して企業分析をしました。その企業でしかできないことや強みなどを理解することができたので良かったと思います。

(事務・法律系・男性)

「幅広い業界の話を聴く」

自分の専攻や研究に関連していない業界の会社の話を聞いたことです。働いている方のさまざまな説明を聞くうちに、自分の専門分野や研究を伝えるにはどのように説明すればよいのかを見直すことができました。

(技術・原子力系・女性)

「筆記試験対策」

筆記試験の対策はやっておいて損はないと思います。
いくら面接が良くても、筆記試験で落とされてはもったいないと思ったからです。

(事務・教育系・女性)

「インターンシップ」

インターンシップに参加することです。インターンシップに参加するためにエントリーシートを書く必要があるので、早いうちから就職活動を意識することができたのは良かったです。いざ、就職活動解禁となった3月に焦ることなく就職活動に取り組むことができました。

(技術・電気電子系・男性)

Q4. 就職活動を通じて最も辛かったこと・そしてそれを乗り越えられたワケ

「最初の内定をもらうまで」

最初の内定をもらうまでが辛かったです。
周囲の就職活動の様子に惑わされず、自分らしく結果を出そうと考えて乗り越えました。

(事務・商学系・男性)

「「失敗したらどうしよう」という不安」

自分に対して自信が持てずに「就職活動に失敗したらどうしよう」という不安が常にあったことが辛かったです。
何事も一人で考え込まず周りの人に意見を求め、常に自分ができる最善の行動を意識することで乗り越えました。

(技術・電気電子系・男性)

「自己PR」

面接でなかなか自分の思うようにアピールができなかったときが辛かったです。
面接を終えるごとにきちんと何が良くなかったのか振り返って、次の面接に向けて改善していくことができたのが良かったと思います。

(事務・法律系・女性)

「就職活動と学業の両立」

研究室のゼミの準備や報告書の作成と就職活動を両立するのがとても大変でした。早めにOB訪問を行うなど計画的に企業の情報収集を行い、対策をすることで乗り越えました。

(技術・建築系・男性)

「周りの就職先が決まっていくことへの焦り」

自分の周りの就職先が次々と決まっていき、自分が取り残されて焦りを感じることが辛かったです。その中で、親しい友人と面接練習を繰り返し、想定される質問をお互いに出し合い、自分以外の考えを吸収していくことで辛さも乗り越えることができました。

(技術・情報系・男性)

「自己分析」

自己分析をするのが大変でした。しかし、継続して行うことで自分の新たな一面や重要視していることが徐々にハッキリしていったので、何とか乗り越えることができました。

(技術・機械系・男性)