社長メッセージ

新たな時代、広がるフィールド。成長し飛躍するチャンス 代表取締役社長 真弓 明彦
新たな時代、広がるフィールド。成長し飛躍するチャンス 代表取締役社長 真弓 明彦
社長写真
今、電気事業は大きな変革のときを迎えています。2016年4月から電力の小売全面自由化が始まり、本格的な競争時代へ突入しました。 当社は、1951年の設立以来60年以上にわたり、「365日、24時間休むことなく、ライフラインとしての電気を守り抜く」という電気のプロとしての強い使命感と責任感を持ち、北海道の皆さまの生活と地域の発展に欠かすことの出来ない電気という商品を、低廉で安定的に北海道の隅々までお届けすることに社員一丸となり取り組んできました。 今後も激しい競争が続くことが予想されますが、引き続き責任あるエネルギー供給の担い手として使命を全うしていきます。これまで培ってきた我々の電気に関する技術・技能・知識は、他社には無い大きな強みであり、競争を勝ち抜いていく上での大きな武器となるものと考えています。こうした技術、信頼感に加え、お客さまニーズに合った電気料金メニューの拡充や新たなサービスの提供などを進め、お客さまから選択いただけるよう取り組んでいきます。一方で当社は、火力・水力・原子力など将来にわたってのバランスの取れたエネルギーミックスの構築を進めるとともに、北海道外での電力販売やガス供給事業をはじめとする事業領域の拡大を進め、総合エネルギー企業としての新たな成長に向けた礎を築いていきます。 今後、皆様が活躍するフィールドは無限に広がっていきます。このような時代において、当社は、環境変化を自らが成長し飛躍するチャンスと前向きにとらえ、失敗を恐れず、これまでの枠にとらわれることなく柔軟な発想で積極的にチャレンジできる人材を求めています。 北海道には豊かな自然や食はもちろんのこと、職住近接など大都会にはないゆとりのある生活があります。この北海道でエネルギーを通じ、人々の生活をより快適にし、北海道の未来、さらには日本の未来をより明るく喜びに満ちたものにするため、私たちと一緒にチャレンジする日を楽しみにしています。

 今、電気事業は大きな変革のときを迎えています。
 2016年4月から電力の小売全面自由化が始まり、本格的な競争時代へ突入しました。

 当社は、1951年の設立以来60年以上にわたり、「365日、24時間休むことなく、ライフラインとしての電気を守り抜く」という電気のプロとしての強い使命感と責任感を持ち、北海道の皆さまの生活と地域の発展に欠かすことの出来ない電気という商品を、低廉で安定的に北海道の隅々までお届けすることに社員一丸となり取り組んできました。

 今後も激しい競争が続くことが予想されますが、引き続き責任あるエネルギー供給の担い手として使命を全うしていきます。これまで培ってきた我々の電気に関する技術・技能・知識は、他社には無い大きな強みであり、競争を勝ち抜いていく上での大きな武器となるものと考えています。
 こうした技術、信頼感に加え、お客さまニーズに合った電気料金メニューの拡充や新たなサービスの提供などを進め、お客さまから選択いただけるよう取り組んでいきます。
一方で当社は、火力・水力・原子力など将来にわたってのバランスの取れたエネルギーミックスの構築を進めるとともに、北海道外での電力販売やガス供給事業をはじめとする事業領域の拡大を進め、総合エネルギー企業としての新たな成長に向けた礎を築いていきます。

 今後、皆様が活躍するフィールドは無限に広がっていきます。
 このような時代において、当社は、環境変化を自らが成長し飛躍するチャンスと前向きにとらえ、失敗を恐れず、これまでの枠にとらわれることなく柔軟な発想で積極的にチャレンジできる人材を求めています。

 北海道には豊かな自然や食はもちろんのこと、職住近接など大都会にはないゆとりのある生活があります。
 この北海道でエネルギーを通じ、人々の生活をより快適にし、北海道の未来、さらには日本の未来をより明るく喜びに満ちたものにするため、私たちと一緒にチャレンジする日を楽しみにしています。