ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

ほくでんからのお知らせ 2018年度

泊発電所3号機 原子炉補助建屋(非管理区域)における雨水浸入事象について

2018年7月11日

 7月5日、泊発電所3号機 原子炉補助建屋(非管理区域、海抜24.8m)において、雨水が浸入して滴下する事象が発生しました。この事象による、外部への放射能の影響はありません。
 事象の概要は、以下のとおりです。

<事象の概要>

 7月5日10時00分頃、当社社員が泊発電所3号機原子炉補助建屋の床面に水溜りを発見しました。
 現場を調査したところ、原子炉補助建屋屋上(海抜33.1m)に設置されたペントハウス※1の屋外への配管貫通部のコーキング部※2から、ペントハウス内に雨水(420リットル程度)が浸入し、そのうち10リットル程度が原子炉補助建屋(非管理区域、海抜24.8m)に滴下していることが判明しました。
 これにより、一部の機器に雨水の飛まつがかかりましたが、当該機器は防まつ仕様※3のため影響はありませんでした。
 雨水の浸入箇所については、既に補修を完了しております。また、類似箇所についても点検を完了し、異常がないことを確認しております。

  1. ※1 ペントハウス:屋上に突き出た構造の建屋
  2. ※2 コーキング部:防水などのため、継ぎ目やすき間をシール材にて埋めた部分
  3. ※3 防まつ仕様:いかなる方向からの水の飛まつにも影響を受けない仕様

【添付資料】

ほくでんからのお知らせ 2018年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。