ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

ほくでんからのお知らせ 2016年度

「仏国原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析(※)の可能性に係る調査について」の指示文書に対する報告について(原子炉容器等における鍛造鋼が規格(JIS等)を上回る炭素濃度領域を含む可能性についての評価結果)

2016年10月31日

 当社は、8月24日に、原子力規制委員会から受領した指示文書「仏国原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る調査について」にて報告指示のあった事項のうち、泊発電所の調査対象機器(原子炉容器、蒸気発生器、加圧器)における製造方法及び製造メーカーの調査結果について、9月2日、原子力規制委員会へ報告書を提出しましたのでお知らせします。
 調査の結果、泊発電所1,2,3号機の原子炉容器において鍛造鋼の使用を確認したことから、当該鍛造鋼が規格(JIS等)を上回る炭素濃度領域を含む可能性について評価を行い、その結果を平成28年10月31日までに原子力規制委員会に報告いたします。

(2016年9月2日お知らせ済み)

 当社は、評価対象部位(鍛造鋼および鋼板使用部位)について、規格(JIS等)を上回る炭素濃度領域(以下「炭素偏析部」という。)を含む可能性の有無について評価を行い、本日、原子力規制委員会へ当社の評価対象部位全てについて炭素偏析部が残存する可能性はないことが確認できた旨の報告書を提出しましたのでお知らせします。

※:炭素偏析
鋼材中の炭素濃度が局所的に高い領域であり、材料の機械的強度を低下させる可能性がある。

【添付資料】

ほくでんからのお知らせ 2016年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。