ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

ほくでんからのお知らせ 2015年度

タイ発電公社との技術協力に関する覚書の締結について

2015年5月14日

 当社はこのたび、タイ発電公社(EGAT)と、「水力発電技術に関する技術協力の覚書」を締結いたしました。2006年に最初の覚書を締結してから、今回で3度目の覚書締結となります。

 これまでの技術協力では、EGATから20人以上の技術者が来日し、水力発電所の保守・運用に関して当社が有する技術・ノウハウを学びました。このほか、当社の社員をEGATへ派遣し、水力発電所改良工事の検討などを行ってきました。
 当社は、今回の覚書の締結を機に、水力発電設備の保守・運用に関する技術・ノウハウについて協力を行っていくだけでなく、水力発電に限らず幅広い分野で協力してまいります。

<EGAT社の概要>

社名:タイ発電公社(EGAT:Electricity Generating Authority of Thailand)

設立:1969年5月1日

出資:タイ王国政府(100%)

代表者:スーンチャイ・カムヌーンサ総裁

発電設備容量:約1,500万kW(タイ全体の約45%)
(火力/約1,200万kW 水力/約300万kW)

調印式の様子

調印式の様子
EGAT スーンチャイ総裁(左から2人目)
北海道電力 真弓社長(左から3人目)

調印後の集合写真

調印後の集合写真

ほくでんからのお知らせ 2015年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。