ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

ほくでんからのお知らせ 2012年度

新冠発電所1号機の停止作業の終了について

2013年3月17日

 3月15日(金)から21日(木)については、以下の補修作業を予定しております。期間中、安定供給に支障はない見込みです。
 なお、作業の進捗状況により、実施期間が変更となる場合があります。

【火力発電所】

苫小牧共同火力発電所3号機
(所在地:苫小牧市、定格出力:25万kW、使用燃料:重油)

  • 3月17日(日)から23日(土)の予定で煙突内部清掃作業のため停止いたします。
  1. ※ 苫小牧共同火力発電所3号機は、当社のグループ会社である北海道パワーエンジニアリング(株)が所有する設備であり、その発電電力を当社が全量購入しています。

【水力発電所】

  1. 高見発電所1,2号機
    (所在地:日高郡新ひだか町、定格出力:各10万kW、揚水式水力発電所)
    • 3月16日(土)の予定でブラックスタート試験のため停止いたします。
      なお、当該試験は、3月10日(日)に実施する予定(2013年3月8日お知らせ済み)でしたが、延期となったことから実施するものです。
    1. ※ ブラックスタート試験:発電所の所内電源を消失させ、予備電源装置による電源で、水車発電機が正常に運転するのを確認する試験
  2. 新冠発電所1号機
    (所在地:新冠郡新冠町、定格出力:10万kW、揚水式水力発電所)
    • 3月17日(日)の予定で送電線保護継電器試験のため停止いたします。
      なお、試験に伴う発電所内の電源切替のため、ピーク時間帯を除き、2号機が短時間(30分程度、計2回)停止いたします。
    1. ※ 送電線保護継電器試験:送電線事故により送電線や水車発電機を停止させる保護装置が正常に動作するのを確認する試験

(2013年3月15日お知らせ済み)

 新冠発電所1号機は、予定どおり3月17日(日)に送電線保護継電器試験を終了し、運用を開始しました。

ほくでんからのお知らせ 2012年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。