ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

ほくでんからのお知らせ 2012年度

「原子力安全推進協会」の設立について(コメント)

2012年11月15日

北海道電力株式会社
取締役社長 川合克彦

 本日、福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、シビアアクシデント対策を含む原子力発電所の安全性を一層向上させることを目的に、「原子力安全推進協会」が設立されました。

 原子力安全推進協会においては、独立した立場と強い指導力のもと、世界最高水準の安全性を目指して、国内外の安全性向上に関する最新知見を一元的に収集・分析し、事業者の安全性向上活動を技術的に評価するとともに、提言や支援などを通じて事業者の活動を強く牽引していただけるものと期待しております。

 泊発電所につきましては、緊急安全対策に加え、たゆまぬ取り組みとしての中長期的な対策と安全対策の充実を計画的に進めており、今後とも、今回の事故に至った原因や経緯についての情報収集に努め、新たな知見を反映するなど適切に対処し、安全確保に万全を期することとしております。

 原子力発電所の安全確保は私どもの使命であり、泊発電所の安全性を高めるための取り組みを確実に実行するに当たり、本日設立された原子力安全推進協会の評価や提言・勧告を真摯に受け止め、「自らが改革を続ける」という強い覚悟で不断の努力を重ねてまいる所存です。

ほくでんからのお知らせ 2012年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。