ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2021年度

スペースコタンとほくでんコクリエによる「宇宙でんき」の販売について

2022年3月14日

SPACE COTAN株式会社
北海道電力コクリエーション株式会社
北海道電力株式会社

 SPACE COTAN株式会社(本社:広尾郡大樹町、代表取締役社長兼CEO:小田切 義憲、以下 スペースコタン)は、ほくでんグループの北海道電力コクリエーション株式会社(本社:札幌市中央区、代表取締役社長:武田 理、以下 ほくでんコクリエ)の販売代理事業者として、本日から「宇宙でんき」の販売を開始します。

宇宙でんき 3%でんき代が安く さらに宇宙開発&地域創生に貢献

 「宇宙でんき」は、おトクな料金で電気をご利用いただけるほか、お支払いいただく電気料金の2%が北海道スペースポート(注1)の整備に活用されるのが特徴で、北海道(注2)にお住まいのお客さまであれば、どなたでもご利用いただける電気料金プランです。

 料金プランなどの詳細については、別紙をご覧ください。

 北海道電力は、北海道スペースポート構想の実現を通じた北海道経済活性化を目的に、スペースコタンへの出資や大樹町による射場整備の支援などを行っています。「宇宙でんき」はこうした取り組みの一環として、ほくでんグループが持つ電気事業のノウハウを地域創生に活用するものです。

 スペースコタンとほくでんグループは、今後も連携を図り、北海道における宇宙版シリコンバレーの実現に取り組んでまいります。

  • (注1)大樹町にアジア初となる民間に開かれた宇宙港のことで、宇宙関連産業が集積する宇宙版シリコンバレーの中核施設。2021年4月に本格稼働を開始しており、今後ロケット射場やスペースプレーン(宇宙往還機)が離着陸可能な滑走路、格納庫など航空宇宙関連の実験・ビジネスに必要な機能を順次拡充していく予定です。
  • (注2)離島供給約款の適用を受ける島しょ地域(礼文島、利尻島、天売島、焼尻島、奥尻島)のお客さまを除きます。

【別紙】

プレスリリース 2021年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。