ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2021年度

2021年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」の受賞について

2021年12月22日

 本日、2021年度省エネ大賞(主催:一般財団法人省エネルギーセンター)の製品・ビジネスモデル部門において、当社の「北海道における寒冷地型ZEB※1普及促進事業」が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

 北海道における寒冷地型ZEBの普及促進では、高効率ヒートポンプ機器の普及拡大や、省エネ診断によるエネルギー管理の改善等、これまで当社が培ってきた寒冷地における省エネの取り組みを活かし、幅広い業種の新築・既設建築物においてZEBのコンサルティングを行っています。
 また、国や地方自治体が主催するセミナーや勉強会で講演しているほか、ビジネスイベントなどで積極的な広報活動を展開するなど、寒冷地型ZEBの普及促進に努めています。

 ほくでんグループでは、2050年の北海道におけるエネルギー全体のカーボンニュートラル実現に最大限挑戦していくこととしています。
 寒冷地である北海道においては、石油系を中心とした暖房需要によるエネルギー消費量が多いことから、これらの需要をCO2フリーの電気を使った電化に転換し、高断熱化・高効率設備の導入などにより省エネを実現する ZEBの普及促進は、カーボンニュートラル実現に向けた重要な取り組みです。

 当社は、全国の大手電力・ガス会社の中で最も早くZEBプランナー※2に登録(2018年2月登録)し、電力事業の付加価値サービスとして先駆的にZEBコンサルを開始しており、北海道内で最多の実績を上げています※3
 室内の快適さを保ちながら建物の省エネを実現するZEBについて、ぜひ、当社にお問い合わせください。

【省エネ大賞について】

 省エネ大賞は、事業者や事業場等が実施した優れた省エネの取り組みや、省エネ性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰することにより、日本全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的としています。

2021年度 省エネ大賞

  1. ※1快適な室内環境を保ちながら、高断熱化、日射遮蔽、自然エネルギー利用、高効率設備によって、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によってエネルギーを創ることで、年間で消費する建築物のエネルギー量が基準値よりも大幅に削減されている建築物をいう。
  2. ※2国のZEB普及方策(ZEBロードマップ)などに基づき、国の「ZEB設計ガイドライン」や自社のZEBに関する技術や設計知見を活用して、一般に向けて広くZEB実現に向けた相談窓口を有し、業務支援(建築設計、設備設計、設備施工、省エネ設計、コンサルティング等)を行い、ZEBコンサルの実績について公表するものをいう。
  3. ※3SII(一般社団法人 環境共創イニシアチブ)に登録されている、北海道内におけるZEBリーディングオーナー(国のZEB普及方策などに基づき、自らのZEB普及目標やZEB導入計画、導入実績を一般に公表する先導的建築物のオーナー)16件のうち、6件に当社が関与するなど、北海道内で最多の実績がある(2021年12月現在)。

【参考】

当社のZEBコンサルについて、詳細は当社ホームページをご覧ください。

【添付資料】

プレスリリース 2021年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。