ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2021年度

「森バイナリーパワー合同会社」の事業運営の開始について

2021年6月22日

北海道電力株式会社
JFEエンジニアリング株式会社
東京センチュリー株式会社

 北海道電力株式会社、JFEエンジニアリング株式会社および東京センチュリー株式会社は、「森バイナリーパワー合同会社」(本店:北海道札幌市)を設立し、北海道茅部郡森町において「地熱バイナリー発電事業」を実施することを決定しましたので、お知らせします。

(2021年4月28日お知らせ済み)

 北海道電力株式会社(代表取締役社長:藤井 裕、本店:北海道札幌市、以下「北海道電力」)、JFEエンジニアリング株式会社(代表取締役社長:大下 元、本社:東京都千代田区、以下「JFEエンジニアリング」)、および東京センチュリー株式会社(代表取締役社長:野上 誠、本社:東京都千代田区、以下「東京センチュリー」)の3社は、本日、共同で北海道茅部郡森町において地熱発電事業を行うことを目的に「森バイナリーパワー合同会社」(本社:北海道札幌市)を設立し、工事計画の検討に着手いたしましたので、お知らせいたします。

 本事業は、北海道電力が保有する森発電所(定格出力:2.5万kW、地熱)の還元熱水※1に含まれる未利用熱エネルギーを、バイナリー方式※2により有効活用して発電するもので、営業運転の開始は2023年11月の予定です。

 38年にわたり森発電所を運営し、地熱発電所の運転実績・経験が豊富な北海道電力、全国に多数の地熱発電所設備を納入した実績を有するJFEエンジニアリングおよび、「金融×サービス×事業」を融合したビジネスを展開し、数多くの再生可能エネルギー事業を手掛ける東京センチュリーによる初めての共同事業となります。

 森バイナリーパワー合同会社は、周辺環境に配慮した運営に努めるとともに、持続可能な純国産の再生可能エネルギーである地熱発電による電気を安定的にお届けすることで、カーボンニュートラルの実現に貢献してまいります。

  1. ※1地熱発電では、地下深部から高温の蒸気・熱水をくみ上げ、このうち蒸気はタービンを回して発電に利用し、熱水は井戸を通じてまた地中へ戻します。この地中へ戻す熱水を還元熱水といいます。
  2. ※2地熱資源(蒸気・熱水)を熱源として水より沸点の低い媒体を蒸発させ、その蒸気でタービンを回し発電する方式です。

【添付資料】

プレスリリース 2021年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。