ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2018年度

新北海道本州間連系設備の運転開始について

2019年3月28日

 当社は、電力系統利用協議会(ESCJ)の提言を踏まえ、北海道本州間連系設備(以下、北本連系設備)の早期増強に向けて、技術検討や用地調査、関係者との協議などを鋭意進めてまいりましたが、このたび、2019年3月の運転開始を予定として、同設備を増強することといたしました。

(2013年7月31日お知らせ済み)

 北本連系設備の増強工事のうち、「北斗今別直流幹線新設工事(北海道側送電線部分)」について、経済産業大臣に対し電気事業法に基づく工事計画の届出を行い、本工事を着工いたしました。
 本州側および青函トンネル内送電線工事、ならびに北斗変換所新設工事、今別変換所新設工事につきましても順次取り進め、2019年3月の運転開始に向けて万全を期してまいります。

(2014年4月24日お知らせ済み)

 2014年から当社が増強工事を進めていた北海道本州間連系設備(以下、「新北本連系設備」)は、電気事業法に基づく使用前自主検査※1を完了し、本日、15時00分より運転を開始しましたので、お知らせいたします。
 新北本連系設備の運転開始により、北海道と本州とを結ぶ連系設備の容量は60万kW※2から30万kW増加して90万kWとなり、北海道の電力の安定供給に大きく寄与します。
 新北本連系設備の建設にあたり、地域の皆さまおよび関係者の皆さまのご理解、ご協力をいただきましたことに感謝申し上げます。当社は、今後も電力の安定供給に努めてまいります。

  1. ※1・・・電気事業法第51条に基づき、事業用電気工作物(変電所・送電線など)が工事計画どおりであることを事業者自らが確認する検査
  2. ※2・・・既設北本連系設備は、電源開発株式会社の所有設備

【添付資料】

プレスリリース 2018年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。