ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2018年度

買取期間満了後の太陽光発電の電力買取について

2018年12月14日

 当社は、国の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(以下、「FIT制度」といいます。)」に基づき、国が定める価格で太陽光発電の余剰電力を買取しておりますが、2019年11月以降、お客さまの契約期間に合わせて順次、FIT制度の買取期間が満了いたします。

 買取期間満了後の太陽光発電の余剰電力について、当社は、再生可能エネルギーを積極的に活用する観点から、引き続き買取いたします。

 また、買取だけではなく、お客さまのご要望にお応えできるサービスについても検討しており、契約条件等につきまして、2019年6月を目途に、当社ホームページで公表いたします。なお、FIT制度の買取期間が満了するお客さまにつきましては、事前に個別にお知らせいたします。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度
2009年11月に、国が定める価格で太陽光発電の余剰電力を10年間固定で電力会社に売電することができる制度として「太陽光発電の余剰電力買取制度(以下、「余剰電力買取制度」といいます。)」が開始しました。その後、2012年7月にFIT制度が開始したことを受け、余剰電力買取制度の適用を受けていた太陽光発電は、買取期間などの条件を引き継ぐ形でFIT制度に移行したため、2009年11月から10年経過する2019年11月以降、順次、買取期間が満了することとなります。

(参考)資源エネルギー庁ホームページ「どうする?ソーラー」

別のウィンドウで開きます。http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/

プレスリリース 2018年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。