ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2018年度

2017年度冬季の電力需給実績および2018年度夏季の電力需給見通しについて

2018年4月12日

 日頃より節電にご理解とご協力を賜りお礼申し上げます。
 3月22日および本日、電力広域的運営推進機関が設置する「調整力及び需給バランス評価等に関する委員会」において、北海道エリアにおける2017年度冬季の電力需給実績および2018年度夏季の電力需給見通しが示されましたので、お知らせいたします。

  1. 2017年度冬季の電力需給実績について
     2017年度冬季の最大電力は、1月25日の525万kWとなり、低気温による暖房需要の一斉稼働などから、需要見通し516万kWを上回りました。供給力については、火力発電設備の計画外停止はありましたが、道内の皆さまの節電へのご協力などにより、期間を通じて安定供給を確保し、冬季の厳しい需給を乗り切ることができました。節電のご協力にあらためて厚くお礼申し上げます。
  2. 2018年度夏季の電力需給見通しについて
     2018年度夏季の北海道エリアにおける需給見通しについては、供給予備率が最も低い7月で、最大電力442万kW、供給力496万kWとなりました。この結果、供給力と最大電力の差である供給予備力は54万kW、供給予備率にして12.2%となり、電力の安定供給に最低限必要な供給予備率である3%以上を確保できる見通しとなりました。

     当社は今後もお客さまに安心して電気をお使いいただけるよう、発電設備の点検・補修に加え、発電設備や連系する送電線の保守・点検体制の強化に努めてまいります。また、当社は、北海道における電力供給を万全なものにするため、泊発電所の早期再稼働に向け、総力を挙げて取り組んでまいります。お客さまにおかれましては、引き続き、無理のない範囲での節電にご協力いただきますよう、お願いいたします。

【添付資料】

プレスリリース 2018年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。