ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2016年度

苫小牧共同火力発電所3号機の復旧について(最終報)

2017年1月5日

 苫小牧共同火力発電所3号機(所在地:苫小牧市、定格出力:25万kW、使用燃料:重油)は、ボイラー内部での蒸気漏洩の兆候を確認したため、12月19日8時50分に停止し、点検作業を開始しました。
 現在のところ復旧は未定です。

(2016年12月19日お知らせ済み)

 苫小牧共同火力発電所3号機は、点検の結果、ボイラーを覆う外装板の内部に設置しているボイラー付属配管1本に損傷(破孔)を確認しました。配管が損傷した原因は、配管の内面からの劣化によるものと推定しています。
 また、損傷した配管の類似配管についても劣化の兆候が確認されたため、損傷した配管1本および類似配管11本の取り替えを実施し、本日5時51分に復旧しました。

 苫小牧共同火力発電所3号機の復旧に伴い、本日(1月5日)の当社ピーク時供給力は550万kW、供給予備力は115万kWとなります。

 お客さまには、今冬の節電にご協力をいただいており厚くお礼申し上げます。引き続き無理のない範囲で、節電へのご協力をお願いいたします。

当社のグループ会社である北海道パワーエンジニアリング(株)が所有する設備であり、その発電電力を当社が全量購入している

<本日(1月5日)の当社の需給状況>

(単位:万kW)

  変更後 変更前
ピーク時供給力 550 528
予想最大電力 435 435
供給予備力 115 93

当社以外の事業者さまとそのお客さまの需給状況は含みません

【添付資料】

プレスリリース 2016年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。