ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2016年度

加圧水型原子力発電所の安全性向上を目指す技術協力協定の締結について

2016年10月19日

北海道電力株式会社
関西電力株式会社
四国電力株式会社
九州電力株式会社

 北海道電力株式会社、関西電力株式会社、四国電力株式会社および九州電力株式会社(以下「PWR4社」)は、加圧水型原子力発電所(以下「PWR」)を保有しており、各社の原子力発電所の炉型の同一性を活かし、安全性向上に向けた技術協力を行うことについて合意し、本日、PWR4社間で協定を締結しましたので、お知らせいたします。

 具体的には、PWRの安全性の向上に寄与する以下の活動について、PWR4社で技術的な協力を実施してまいります。

  • 安全性向上評価の推進
  • 運転管理等に係る海外知見、ノウハウ等の共有拡充
  • 既設炉の更なる安全性向上に向けた次世代軽水炉等の新技術の調査・検討の推進

 PWR4社は、引き続き、原子力事業者として、一層の安全性・信頼性確保に万全を期してまいりたいと考えております。

【添付資料】

プレスリリース 2016年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。