ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2015年度

苫東厚真発電所2号機の復旧見通しについて(第2報)

2015年9月14日

 苫東厚真発電所2号機(所在地:勇払郡厚真町、定格出力:60万kW、使用燃料:石炭)は、ボイラー内部での蒸気漏洩の兆候を確認したため、9月5日5時33分に停止して点検作業を開始しました。
 現在のところ復旧は未定です。

(2015年9月5日お知らせ済み)

 苫東厚真発電所2号機については、点検の結果、ボイラー内部にある再熱器管※11本と火炉出口部側壁管※21本の計2本の配管が損傷(破孔)していることを確認しました。
 再熱器管が損傷した原因は、スートブロワ※3の起動時に発生する熱水によるものと推定しています。スートブロワの起動時には、蒸気を噴射する管と蒸気の温度差で蒸気が一部熱水となることがあり、この熱水が高温の再熱器管に接触することで、管表面が膨張・収縮を繰り返し、疲労損傷に至ったものと推定しました。
 火炉出口部側壁管については、再熱器管の損傷箇所から噴出した蒸気により減肉し損傷に至ったものと推定しています。
 また、損傷(破孔)した2本以外に、再熱器管1本の表面にき裂、火炉出口部側壁管12本に減肉を確認しました。
 今後、これらの管の取り替え、溶接による補修を行った後、発電再開に向けた準備や起動操作を進め、作業の進捗にもよりますが、復旧は9月18日頃となる見込みです。

 当面の電力需給は、安定供給に必要な供給予備力を確保できると考えておりますが、発電設備のさらなる計画外停止や北本連系設備の停止が発生した場合には、厳しい需給状況になることも想定されます。
 お客さまにおかれましては、無理のない範囲での節電にご協力をお願いいたします。

  1. ※1蒸気タービンを回し終えて温度・圧力が低下した蒸気をボイラー燃焼ガスで再度加熱する管。
  2. ※2ボイラー側面の壁に設置されている、蒸気タービンを回すための蒸気を加熱する管。
  3. ※3ボイラー内部の管表面に付着した灰などを、蒸気を噴射させることにより除去する装置。

【添付資料】

プレスリリース 2015年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。