ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2014年度

今冬における節電等のお願いについて

2014年10月31日

 当社は、北海道における電力供給を万全なものにするため、安全確保を大前提に一日も早い泊発電所の再稼働を目指しており、原子力規制委員会における審査への対応や、安全対策工事に全力で取り組んでいるところです。
 しかしながら、今冬に泊発電所の再稼働は見込めない状況であることから、10月1日に泊発電所の供給力を除いた形での今冬の需給見通しを取りまとめ、お知らせするとともに、経済産業省に報告いたしました。

 今冬の需給見通しにあたっては、緊急設置電源の継続設置や火力発電所の増出力運転に取り組むとともに、京極発電所1号機(所在地:虻田郡京極町、定格出力:20万kW、揚水式水力発電所)を新たな供給力として織り込みました。また、自家用発電設備等をお持ちのお客さまからの電力購入など、できる限りの対策を行うことで、最も厳しい需給状況となる2月においても、昨冬を上回る620万kWの供給力を確保できる見通しです。
 一方、最大電力については、2010年度並の厳しい気象条件を前提に、定着した節電効果▲27万kW(2010年度最大電力比▲4.7%)等を織り込み、557万kWと想定いたしました。
 この結果、2月の供給予備力は63万kW、供給予備率にして11%程度となり、最低限必要な供給予備率3%以上を確保できることとなりました。

 その後、国の電力需給検証小委員会における検証を経て、本日、国の「電力需給に関する検討会合」において、今冬の需給対策がまとめられました。
 その中で、北海道においては、他電力からの電力融通に制約があること、発電所一機のトラブル停止が予備率に与える影響が大きいこと、厳寒であるため、万が一の電力需給のひっ迫が、国民の生命、安全を脅かす可能性があることなどの北海道の特殊性を踏まえ、計画停電を含む停電を回避する観点から、多重的な対策を講じる必要があるとの需給対策がまとめられました。
 この内容を踏まえた、当社の今冬の需給対策への取り組みにつきまして、以下のとおりお知らせするとともにご協力をお願いいたします。

【お願いの具体的内容】

<節電へのご協力のお願い>

 今冬は、数値目標を伴わない節電のお願いとなりますが、お客さまには、次の期間・時間帯について、引き続き無理のない範囲で、これまで取り組んでいただいている節電へのご協力をお願いいたします。

期間 時間帯
12月1日(月)から3月31日(火)の平日
(12月29日から31日までおよび1月2日を除く)
8時から21時

 また、冬季の北海道は、夜間も電力需要が高い水準にあるため、12月1日から3月31日の平日※1における、8時から21時以外の時間帯についても、可能な範囲での節電をお願いいたします。

※1 12月29日から31日までおよび1月2日を除く

<計画停電回避緊急調整プログラムへのご加入のお願い>

 大口のお客さまには、昨冬に引き続き、「計画停電回避緊急調整プログラム※2」へのご加入をお願いいたします。
 18万kW以上の確保を目標に、国や北海道と連携してお願いしてまいります。

 期間:12月15日(月)から2月27日(金)の全日

※2 複数の大規模電源脱落等による計画停電等を回避するため、大口のお客さまを対象に、需給ひっ迫時において当社の要請により、操業の一時停止や臨時休業といった大幅な需要抑制を行っていただく契約

 電気料金値上げに加え、お客さまへのさらなるお願いとなり、ご不便とご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。
 当社は、今後も供給力の確保に向けて、設備保全やパトロール強化に努めるとともに、需給調整契約の拡大など可能な限りの需給対策に取り組んでまいります。

 なお、本日より「需給ひっ迫のお知らせメール」の登録受付を開始いたしますとともに、引き続き、当社ホームページ「でんき予報」において、日々の電力需給状況や「節電の方法」等をお知らせしてまいります。詳細は添付資料をご覧ください。

プレスリリース 2014年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。