ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2014年度

今夏において節電をお願いしたい期間の開始と「でんき予報」における情報の充実化について

2014年6月30日

 当社は、今夏において8月に9.2%(44万kW)の供給予備力を確保できる見通しですが、この電力需給見通しには、2010年度最大電力比▲7.1%(▲36万kW)のお客さまによる定着節電量を見込んでおります。

 明日7月1日(火)から、節電をお願いしたい期間が始まります。
 当社は、発電設備やそれらに連系する送電線の日常的な保守・点検体制の強化、可能な限りの設備保全に努めるとともに、大規模な電源脱落等に備えた需給調整契約等の対策を進めることで、電力の安定供給に万全を期してまいります。
 しかしながら、泊発電所の再稼働が不透明な中、火力発電設備は引き続き高稼働となることを想定しており、今後も計画外停止の発生が懸念されます。
 このため、お客さまにおかれましては、ご不便をおかけしますが、この期間において引き続き、無理のない範囲での節電にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。(昨冬のような数値目標を伴う節電のお願いはいたしません。)

 また、節電をお願いしたい期間の開始に先立ち、ホームページに掲載している「でんき予報」の情報について、2013年度夏季および冬季に実施した情報提供と同様の内容となるよう、以下のとおり充実いたしました。
 お客さまにおかれましては、この「でんき予報」をご覧いただき、日々の節電にご協力いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

【節電をお願いしたい期間・時間帯】

7月1日(火)から9月30日(火)までの平日9時から20時

※8月13日(水)から8月15日(金)までを除く

【「でんき予報」における情報の充実化の概要】

1.電力使用状況グラフの充実

 以下の情報を加え、当社の電力需給状況をわかりやすくお伝えしてまいります。

  • 節電をお願いする時間帯を黒枠でグラフ上に掲載。
  • 2010年度および2013年度の夏季最大電力を記録した日の実績をグラフに掲載。

電力使用状況グラフ

2.需要実績比較の掲載

 2010年度および2013年度との電力需要実績比較を掲載いたします。

  • 平日の節電要請時間帯(9時から20時)における最大電力(週間の平日平均値)について、2010年度および2013年度の同期間との比較を掲載。
  • 参考として、札幌の最高気温(週間の平日平均値)の推移を掲載。

需要実績比較

3.次週の予報(翌々週の電力需給見通し)の掲載

 週間予報に加え、その翌週となる2週間先の予報についても掲載いたします。

電力需給見通し

プレスリリース 2014年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。