ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2013年度

伊達発電所2号機の復旧について(最終報)

2013年10月11日

 伊達発電所2号機(所在地:伊達市、定格出力:35万kW、使用燃料:重油)は、定期事業者検査※1の試運転中に電気式集じん装置※2の不具合を確認したため、10月10日19時30分頃から発電を停止して点検作業を実施いたします。
 復旧は、点検結果にもよりますが、10月11日頃となる見込みです。

(2013年10月10日 お知らせ済み)

 伊達発電所2号機については、電気式集じん装置の内部点検の結果、天井部や梁に付着していた錆が剥れ、集じん電極と放電電極に挟まって接触したことにより短絡※3していたことを確認しました。
 このため、電気集じん装置内部に付着・堆積している錆を除去し、本日12時38分に復旧しました。

 伊達発電所2号機の復旧に伴い、本日の当社のピーク時供給力は541万kW、供給予備力は106万kWとなります。
 お客さまにおかれましては、引き続き、無理のない範囲での節電にご協力をお願いいたします。

  1. ※1 6月25日から10月10日(18時)まで実施(6月27日から7月18日まで一時中断)。
    今回の定期事業者検査はボイラーとタービンを対象としており、試運転にてこれらの機器が問題なく運転できることを確認し終了。
  2. ※2 ボイラーで燃焼した後の排ガスから静電気の力により灰を取り除く装置。
  3. ※3 集じん電極と放電電極の間で静電気を発生させるため、両極が接触すると短絡(ショート)が発生する。

<本日(10月11日)の需給状況>

(単位:万kW)

  変更後 変更前
ピーク時供給力 541 506
予想最大電力 435 435
供給予備力 106 71

プレスリリース 2013年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。