ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2013年度

業績予想(連結・個別)の修正および繰延税金資産の計上について

2013年8月29日

 平成25年7月31日に公表した業績予想(連結・個別)を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。

 また、平成26年3月期第2四半期累計期間において、下記のとおり繰延税金資産を計上する見込みとなりましたので、お知らせいたします。

1. 業績予想について

(1)連結業績予想

平成26年3月期第2四半期累計期間(平成25年4月1日~平成25年9月30日)

(単位:百万円)

  売上高 営業損益 経常損益 四半期純損益
前回発表予想(A)
今回修正予想(B) 289,000 △33,000 △40,000 △1,000
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)前第2四半期実績 277,011 △40,944 △49,400 △48,631

平成26年3月期通期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)

(単位:百万円)

  売上高 営業損益 経常損益 当期純損益
前回発表予想(A)
今回修正予想(B) 642,000
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)前期実績 582,990 △115,493 △128,184 △132,819

(2)個別業績予想

平成26年3月期第2四半期累計期間(平成25年4月1日~平成25年9月30日)

(単位:百万円)

  売上高 営業損益 経常損益 四半期純損益
前回発表予想(A)
今回修正予想(B) 279,000 △34,000 △41,000 △2,000
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)前第2四半期実績 268,278 △40,380 △48,900 △48,242

平成26年3月期通期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)

(単位:百万円)

  売上高 営業損益 経常損益 当期純損益
前回発表予想(A)
今回修正予想(B) 617,000
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)前期実績 559,349 △120,075 △118,670 △120,083

(3)修正理由

 平成26年3月期の業績予想につきましては、電灯・電力収入や燃料費を想定できないことから、連結・個別ともに未定としておりました。
 本年8月6日に、経済産業大臣から電気料金値上げの認可をいただいたことを踏まえ、平成26年3月期第2四半期累計期間および通期の売上高を算定しましたので公表いたします。
 また、泊発電所の再稼働を巡る現在の状況を踏まえ、9月末までの停止を前提に、下記「2.繰延税金資産の計上について」により見込まれる影響を織り込み、第2四半期累計期間の営業損益、経常損益、四半期純損益を算定しましたので公表いたします。

 なお、通期の営業損益、経常損益、当期純損益につきましては、泊発電所の発電再開時期を明確に見通すことが難しい状況にあり、第3四半期以降の燃料費を想定できないことから、引き続き未定といたします。
 今後、業績を見通すことが可能となり次第、速やかにお知らせいたします。

[ご参考]収支諸元表

  第2四半期累計期間 通期
(対前年同期伸び率)
販売電力量
(△0.6%程度)
145億kWh程度
(0.9%程度)
314億kWh程度
為替レート 100円/$程度 100円/$程度
原油CIF価格 110$/bl程度 110$/bl程度

2.繰延税金資産の計上について

 電気料金値上げの認可をいただいたことを踏まえ、繰延税金資産の回収可能性について見直しを行った結果、平成26年3月期第2四半期累計期間において繰延税金資産を410億円程度計上する見込みとなりました。これに伴い、法人税等調整額を△410億円程度計上する見込みです。

プレスリリース 2013年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。