ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2013年度

電気料金値上げの認可について

2013年8月6日

 当社は、原子力発電所の長期停止に伴い火力燃料費が大幅に増加し、財務状況が急激に悪化したことなどから、本年4月24日、規制部門のお客さまの 電気料金につきまして、平均10.20%の値上げを申請いたしました。

 その後、国による審査や公聴会等を経て、本日、経済産業大臣から認可をいただき、規制部門のお客さまの電気料金につきましては、平成25年9月1日から平均7.73%の値上げを実施させていただくこととなりました。
 また、新たな料金原価に基づき、選択約款を見直し経済産業大臣に届出いたしました。

 自由化部門のお客さまの電気料金につきましては、平均13.46%の値上げをお願いしてまいりましたが、今回の認可を踏まえ、これまでご案内していた内容を見直し、平均11.00%の値上げといたしました。

 お客さまには、電気料金の値上げにより多大なご負担をおかけすることとなり、深くお詫び申し上げます。

 当社は、新料金の実施にあたり、お客さまにご理解いただけるようあらゆる機会を通じて丁寧にご説明するとともに、たゆまぬ効率化に努めてまいります。

 今回の料金値上げにあたっては、泊発電所3基すべての再稼働を前提としております。当社の最大の使命である電力の安定供給の確保に加え、収支構造を改善し財務基盤の回復に大きな役割を果たす泊発電所の発電再開に全力で取り組んでまいります。
 今後とも、当社の事業活動にご理解を賜りますようお願い申し上げます。

プレスリリース 2013年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。