ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2013年度

伊達発電所2号機の復旧見通しについて(第2報)

2013年5月10日

 伊達発電所2号機(所在地:伊達市、定格出力:35万kW、使用燃料:重油)は、5月4日から5月5日の予定でボイラー附属装置の点検作業のため停止しておりましたが、5日に作業を終了し運転を再開したところ、ボイラー内部での蒸気漏洩の兆候を確認したことから、再点検のため6日5時55分に停止しました。
 現在、原因を調査中です。

(2013年5月6日 お知らせ済み)

 伊達発電所2号機については、その後の点検の結果、ボイラー内部の過熱器管※1が1本損傷(破断)していることを確認しました。
 損傷した管の取り替えを行い、復旧は5月14日頃となる見込みです。

 当面の電力需給は、安定供給に必要な供給予備力を確保できると考えており、直ちに供給に支障がある状況ではありません。
 お客さまにおかれましては、無理のない範囲での節電にご協力をお願いいたします。

  1. ※1 過熱器管
    ボイラー蒸気ドラム※2で発生した飽和蒸気をボイラー燃焼ガスの熱でさらに加熱し、蒸気タービンを回すための過熱蒸気を作るもの。
  2. ※2 蒸気ドラム
    蒸気と水の混合物を蒸気と水に分離し、蒸気は過熱器管を経て蒸気タービンに送り、水はボイラーで循環させる装置。

プレスリリース 2013年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。