ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2012年度

当社砂川発電所3号機の復旧について(最終報)

2012年4月13日

 当社砂川発電所3号機(所在地:砂川市、定格出力:12万5千kW、使用燃料:石炭)は、ボイラー(※1)に設置されている蒸気ドラム(※2)の水位が低下したことにより、3月25日16時31分に自動停止いたしました。

(2012年3月25日 お知らせ済み)

 その後の点検の結果、ボイラー内部の給水管1本が損傷(開口)していることが判明しました。
 損傷した管の取替を行い、4月中旬を目途に復旧する予定です。

(2012年4月3日 お知らせ済み)

 砂川発電所3号機については、損傷(開口)した給水管の取替を行い、昨日23時59分に復旧しました。

 砂川発電所3号機の復旧に伴い、本日の当社のピーク時供給力は538万kW、予想最大電力は445万kW、供給余力は93万kWとなります。

 お客さまにおかれましては、引き続き、省エネルギーや日常生活、経済活動に支障のない範囲での節電について、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  1. (※1) ボイラー
    燃料である石炭を燃焼させ、蒸気をつくる装置
  2. (※2) 蒸気ドラム
    蒸気と水の混合物を蒸気と水に分離し、蒸気は蒸気タービンに送り、水はボイラーで循環させる装置

<本日(4月13日)の需給状況>

(万kW)

ピーク時供給力 538
予想最大電力 445
供給余力
(融通送電電力)
(予備力)
93
( 0)
(93)

プレスリリース 2012年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。