ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2012年度

北本連系設備の新たな補修工事開始について(第1報)

2012年4月8日

 北本連系設備(設備容量:60万kW、電源開発株式会社所有)につきましては、電源開発株式会社が損傷した約10kmの海底ケーブルの交換工事を2012年1月25日から実施していましたが、2012年4月6日3時02分に完了いたしました。
 一方、交換工事を実施した海底ケーブルとは別のケーブルにおいて、北海道側陸上部の地上マンホール内部で絶縁油の漏洩が発生したため、漏油箇所の確認と補修のため当該ケーブルの運用を停止いたしました。
 このため、本州方面との運用容量は依然として、30万kWに半減したままの状態です。
 漏洩が発生したケーブルにつきましては、電源開発株式会社が2012年4月6日0時00分より調査および補修工事を開始していますが、復旧時期は未定です。

(2012年4月6日お知らせ済み)

 4月7日18時55分に電源開発株式会社より、青森県下北郡佐井村にある北本連系設備送電鉄塔において、電線を引き留めている金具に異常があるとの報告を受け、19時32分から融通送電を停止いたしました。
 このため、本州方面との運用容量は、30万kWから0kWに減少しております。
 なお、本日の電力の需給状況については、供給余力106万kWと十分な量を確保しております。
 現在、電源開発株式会社が点検・復旧作業を実施しております。

 一方、絶縁油の漏洩が発生した箇所につきましても、点検・復旧作業を実施しており、いずれも8日中には復旧となる見込みです。

 当社は、引き続き、需要状況に合わせた供給余力を確保し、道内のお客さまへの安定供給に万全を期してまいります。

 お客さまにおかれましては、引き続き、省エネルギーや日常生活、経済活動に支障の無い範囲での節電について、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

プレスリリース 2012年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。