ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2012年度

当社苫小牧発電所1号機ボイラー点検について(第1報)

2012年4月6日

 当社苫小牧発電所1号機(所在地:苫小牧市、定格出力:25万kW、使用燃料:重原油・天然ガス)は、計画作業として実施した煙突内部清掃の終了に伴い運転再開に向けて準備を進めておりましたが、ボイラー(※1)の下部に設置されている水ドラム(※2)のマンホールより漏水が確認されたため準備作業を取止め、本日1時36分より点検を開始しました。

 現在、原因を調査中です。

 電力の需給状況については、供給余力61万kW程度を確保しており、直ちに供給に支障がある状況ではありません。

  1. (※1) ボイラー
    燃料を燃焼させ、蒸気をつくる装置
  2. (※2) 水ドラム
    ボイラー上部の蒸気ドラム(蒸気と水の混合物を分離する装置)で分離した水をボイラー内で循環・加熱する過程において、一旦、ボイラー下部で水を集める装置

<本日(4月6日)の需給状況>

(万kW)

  変更後 変更前
ピーク時供給力 536 561
予想最大電力 475 475
供給余力 61 86

プレスリリース 2012年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。