ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2011年度

原子力安全・保安院からの指示文書「平成23年東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する知見を踏まえた原子力発電所等の耐震安全性評価に反映すべき事項(中間取りまとめ)について(指示)」に係る報告について

2012年2月29日

 平成24年1月27日、原子力安全・保安院より「平成23年東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する知見を踏まえた原子力発電所等の耐震安全性評価に反映すべき事項(中間取りまとめ)について(指示)」を受領しました。指示文書の内容は以下のとおりです。

【原子力安全・保安院からの指示内容】

 下記の事項を踏まえ活断層の連動性について検討を実施し、平成24年2月29日までに原子力安全・保安院に対し、検討結果を報告することを指示する。

 なお、追加調査が必要な場合は、調査に係る実施計画を策定し、同日までに検討結果の報告と併せて原子力安全・保安院に提出し、調査結果についても取りまとめ次第、速やかに報告することを指示する。

  • 内陸地殻内の活断層の連動性の検討において、活断層間の離隔距離が約5キロメートルを超える活断層等その連動性を否定していたものに関し、地形及び地質構造の形成過程、応力の状況等を考慮して、連動の可能性について検討すること。
  • 検討に当たって、活断層の連動を否定する場合は、過去に当該地域において発生した最大規模の地震から推定される断層の長さを主な根拠としないこと。

 当社は、上記指示に基づき、活断層の連動性について検討を行い、その結果を原子力安全・保安院に報告します。

(平成24年1月27日お知らせ済み)

 当社は上記指示に基づき、泊発電所周辺の内陸地殻内の活断層の連動の可能性について検討を行い、その結果について、本日、原子力安全・保安院に報告しました。

  1. 検討方針
     泊発電所周辺では、敷地からの距離に応じ、既往文献の調査、変動地形学的調査、地表地質調査、地球物理学的調査等を実施し、耐震設計上考慮する活断層を評価しています。
     今回の連動の検討にあたっては、対象域の活断層の多くが逆断層※1型であることを踏まえ、地下の逆断層運動により形成されたと考えられる地形の高まり及び地質構造の線状あるいは帯状の連続性を重視し、検討対象を抽出しました。
  2. 検討結果
     FS-10断層~岩内堆東撓曲(いわないたいひがしとうきょく)周辺、FD-1断層~岩内堆北方の断層及びFA-1断層~FA-1'断層について、連動評価の検討対象として抽出しました。
     FS-10断層~岩内堆東撓曲周辺については、昨年11月11日の指示文書※2を踏まえ検討を行っているものであり、現在、原子力安全・保安院において審議中です。また、FD-1断層~岩内堆北方の断層及びFA-1断層~FA-1'断層については、これらの位置及び規模から、仮に連動したとしても、その影響は基準地震動SSを超えるものではないと考えられます。
    1. (1)FS-10断層~岩内堆東撓曲(いわないたいひがしとうきょく)周辺
       FS-10断層と岩内堆東撓曲について、これらの断層の間及び南方に分布する南北走向の褶曲(しゅうきょく)※3は、音波探査記録上では、これらの断層と連続して認められないものの、一部の褶曲では活動性は否定できず、概ね線状あるいは帯状に連続する位置に分布し、地質構造上の関連性が考慮されることから、連動評価の検討対象として抽出しました。
       この内容は、昨年11月11日の指示文書※2を踏まえ検討を行っているものであり、現在、原子力安全・保安院において審議中です。今後、データの拡充に努めるとともに、原子力安全・保安院の審議の内容を踏まえ検討していきます。
    2. (2)FD-1断層~岩内堆北方の断層
       FD-1断層と岩内堆北方の断層は、音波探査記録上では連続して認められないものの、概ね線状に連続する位置に分布し、地質構造上の関連性が考慮されることから、連動評価の検討対象として抽出しました。
       これらの断層は、位置及び規模から、仮に連動したとしてもその影響は基準地震動SSを超えるものではないと考えられます。
    3. (3)FA-1断層~FA-1'断層
       FA-1断層とFA-1'断層は、音波探査記録上では連続して認められないものの、概ね線状に連続する位置に分布し、地質構造上の関連性が考慮されることから、連動評価の検討対象として抽出しました。
       これらの断層は、位置及び規模から、仮に連動したとしてもその影響は基準地震動SSを超えるものではないと考えられます。

 今後も断層の連動性に関する情報収集に努め、新たな知見については、評価に適切に反映していきます。

  • ※1

    逆断層:断層面を境にして、上盤が下盤に対し相対的にずり上がった断層

  • ※2

    平成23年11月11日付け原子力安全・保安院指示文書「平成23年東北地方太平洋沖地震の知見等を踏まえた原子力施設への地震動及び津波の影響に関する安全性評価の実施について(指示)」(平成23・11・02原院第4号)

  • ※3

    褶曲:地層や岩体内の面構造が曲がっている状態

プレスリリース 2011年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。